コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

垣見一直 かきみ・かずなお

1件 の用語解説(垣見一直の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

垣見一直

没年:慶長5.9.18(1600.10.24)
生年:生年不詳
安土桃山時代の武将。通称は弥五郎,和泉守。諱は家純,家紀とも。羽柴(豊臣)秀吉に仕え,天正12(1584)年小牧・長久手の戦に大垣城普請を検知する。同18年奥州征討に道奉行を務める。文禄1(1592)年朝鮮の役に渡海して秀吉の軍令を伝える。慶長2(1597)年軍目付として朝鮮に渡り,諸将の行動を秀吉へ上申。いわゆる武断派諸将と隙を生じ,同4年謹慎を命じられた。同5年関ケ原の戦には西軍に与して伏見城攻めに参加し,美濃大垣に籠城する。しかし,9月18日(一説に17日)変心した相良頼房(長毎)らに謀殺された。<参考文献>山鹿素行『武家事紀』,桑田忠親『太閤家臣団』

(平野明夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

垣見一直の関連キーワード道恵文閑細川玄旨牧興相山岡如軒安土桃山時代塙団右衛門横目付紀正泰伊達範宗

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone