コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武家事紀 ぶけじき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

武家事紀
ぶけじき

『武事紀』ともいう。歴史書。 58巻。山鹿素行著。延宝1 (1673) 年成立。皇統要略と武統要略の2章から成り,武による政治の由来を神武天皇にさかのぼって叙述し,源頼朝以下の武家の系譜,事跡,礼儀,風習,武芸その他武士に必要な教養の全般にわたって述べ,武家政治出現の必然性を説き,儒学者としての史論を展開している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぶけじき【武家事紀】

山鹿高祐(素行)の著書。52巻,目録1巻(58巻本もある)。1673年(延宝1)の自序があり,皇統要略と武統要略との2部からなる。前者では武家政治の沿革を説き,後者では武家の諸系譜,条目,儀礼,慣習,風俗,伝記,文書,武芸,地理,戦術など百科全書的内容を記す。本書は《中朝事実》とともに素行が播磨赤穂に配流中執筆したもので,素行の気迫と博学とが遺憾なく発揮されている。《山鹿素行全集》所収。【岩沢 愿彦】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ぶけじき【武家事紀】

武士の教養書。五八巻。山鹿素行著。1673年成立。武家政治の沿革から礼儀・風俗など武家百般のことを記し、武家政治の正当性を説く。武事紀。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

武家事紀
ぶけじき

山鹿素行(やまがそこう)の著した武家の歴史。1673年(延宝1)に成り、58巻。初めに皇統要略、武統要略、武朝年譜を掲げ、以下に武本、武家式、国郡制、古案、式目、地理、武芸、職掌、故実(こじつ)その他の諸篇(へん)を収めた武家の百科全書。公家(くげ)政治から武家政治への転移の原因を朝廷の知徳の衰えに求め、武家政治出現を必然とみて源頼朝(よりとも)、北条泰時(やすとき)、足利尊氏(あしかがたかうじ)らの政権奪取を肯定。中国に対し日本武徳の優位を説くため、将軍・名将の伝記逸話とあわせ、諸大名とその家臣の事歴をも詳述している点で文献的利用価値が高い。[宮崎道生]
『『武家事紀』3冊(1915~18・山鹿素行先生全集刊行会) ▽『山鹿素行全集 第13巻』(抄本、1940・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

武家事紀の関連情報