垪和為昌(読み)はが・ためまさ

朝日日本歴史人物事典「垪和為昌」の解説

垪和為昌

没年:大正3.11.21(1914)
生年:安政3.5.23(1856.6.25)
明治期の化学者。備中(岡山県)浅尾藩の江戸屋敷で生まれる。父は為継。工部大学校(東大)でダイヴァーズに化学を学び,明治14(1881)年に卒業とともにダイヴァーズの助手となり,無機化学の分野でダイヴァーズと協力しながら,亜硝酸塩硫化水素からハイドロキシルアミンが得られるのを初めて確認するなどの業績を挙げた。32年には,東京帝大の理学部無機化学の教授となる。

(村上陽一郎)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「垪和為昌」の解説

垪和為昌 はが-ためまさ

1856-1914 明治-大正時代の化学者。
安政3年5月23日生まれ。備中(びっちゅう)(岡山県)浅尾藩士の子。工部大学校(現東大)でE.ダイバーズに無機化学をまなぶ。明治19年帝国大学助教授。29年ドイツ,フランス,イギリスに留学し,32年東京帝大教授となった。大正3年11月21日死去。59歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android