コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

埋伏歯 まいふくし impacted tooth

2件 の用語解説(埋伏歯の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

埋伏歯
まいふくし
impacted tooth

一定の萌出期が過ぎても歯冠が正常に生えないで,顎骨内あるいは口腔粘膜下に隠れている歯をいう。歯冠の一部が萌出して残りの部分が隠れている場合を半埋伏,歯冠がまったく萌出していない場合を完全埋伏という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

埋伏歯
まいふくし

歯の萌出(ほうしゅつ)異常の一形態で、歯が萌出すべき標準の時期を過ぎても、口腔(こうくう)に完全に萌出しない状態をいう。永久歯では下顎智歯(かがくちし)(親知らず)および上顎犬歯にもっとも多く、過剰歯にもみられる。乳歯では永久歯よりはまれであるが、比較的乳臼歯(きゅうし)に多い。継発症のない場合は放置しておいてもよいが、三叉(さんさ)神経痛、濾胞(ろほう)性歯嚢(しのう)胞(埋伏歯の歯冠の周囲にできる嚢胞)、埋伏歯周囲組織の炎症、褥瘡(じょくそう)性潰瘍(かいよう)(皮膚や粘膜の特定の部分に、長期間物理的な力が作用してできる潰瘍)、歯列異常等の継発症のある場合は抜歯を行う。[矢正之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

埋伏歯の関連キーワード鰓が過ぎる理過ぎて残桜歯冠酢が過ぎる薹が立つ度が過ぎる行く船の打過ぎる寝過ごす

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone