城南寺祭(読み)ジョウナンジマツリ

デジタル大辞泉の解説

じょうなんじ‐まつり〔ジヤウナンジ‐〕【城南寺祭】

昔、城南寺で行われた祭礼。平安末期から鎌倉初期には盛大に行われ、競(くら)べ馬なども催された。のち、寺は荒廃し、祭りは真幡寸(まはたき)神社(現在の城南宮)の城南宮神幸祭として受け継がれた。城南祭城南神祭。餅祭り。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じょうなんじまつり【城南寺祭】

平安時代、城南寺で行われた祭り。のち、真幡寸まはたき神社の城南神祭に受け継がれ、現在では、城南宮神幸祭じんこうさいと呼ばれる。城南祭。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じょうなんじ‐まつり ジャウナン‥【城南寺祭】

〘名〙
平安時代、平安京の南方、現在の京都市伏見区下鳥羽のあたりにあった城南寺の祭礼。城南寺明神御霊会(ごりょうえ)ともいった。この地に鳥羽殿が営まれて、祭は盛大となり、神輿、神馬、風流(ふりゅう)などの行列が行なわれ、競馬(くらべうま)が催された。寺は鳥羽殿とともに荒廃したらしいが、祭は、上鳥羽、下鳥羽、竹田の産土神(うぶすながみ)である真幡寸(まはたき)神社(現在の城南宮)の城南神祭として受け継がれた。城南祭。《季・秋》
※吏部王記‐八・延長三年(925)八月六日「鳥羽城南寺祭也。有御幸卯刻参」
② (①では餠をついて、客に強いて食べさせる習慣があるところから) 近世、腹のふくれることをたわむれていう。満腹。〔出来斎京土産(1677)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android