城南寺祭(読み)ジョウナンジマツリ

デジタル大辞泉の解説

じょうなんじ‐まつり〔ジヤウナンジ‐〕【城南寺祭】

昔、城南寺で行われた祭礼。平安末期から鎌倉初期には盛大に行われ、競(くら)べ馬なども催された。のち、寺は荒廃し、祭りは真幡寸(まはたき)神社(現在の城南宮)の城南宮神幸祭として受け継がれた。城南祭。城南神祭。餅祭り。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じょうなんじまつり【城南寺祭】

平安時代、城南寺で行われた祭り。のち、真幡寸まはたき神社の城南神祭に受け継がれ、現在では、城南宮神幸祭じんこうさいと呼ばれる。城南祭。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android