コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

執行異議・執行抗告 しっこういぎしっこうこうこく

世界大百科事典 第2版の解説

しっこういぎしっこうこうこく【執行異議・執行抗告】

強制執行をする機関が行う各個の執行処分に対する不服申立手段。たとえば,民事執行法131条によって差押えを禁止されている動産について執行官が差押えを行った場合,あるいは執行停止決定を無視して執行裁判所が,債権の差押命令を発した場合,これらの差押えや差押命令は,いずれも手続的に違法なものとされ,執行異議または執行抗告による救済が認められる。不服の対象が個別の処分に限られる点で,執行の基本となる請求権そのものについて争う〈請求異議の訴え〉や,執行力そのものの存在を争う〈執行文付与に対する異議の訴え〉と区別される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の執行異議・執行抗告の言及

【強制執行】より

…この違法執行に対して債務者は,執行抗告または執行異議の方法によってその是正を求めることができる(10条,11条。執行異議・執行抗告)。他方,不当執行とは,手続には違背していないが,実体的法律関係からみて是認されない執行を意味する。…

※「執行異議・執行抗告」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android