基準地価(読み)きじゅんちか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

基準地価
きじゅんちか

国土利用計画法の土地取引価格の審査基準価格として設定されたもので,都道府県が毎年1回公表している。具体的には都道府県知事が基準地について不動産鑑定士の鑑定評価を求め,毎年7月1日に現在の標準地価を判定し,10月初めに公表する。土地取引の指標,正常な地価形成を目的とした公示地価とほぼ性格を同じくしており,公示地価を補完する形をとる。実勢地価を 100%とした場合,基準地価は 70~80%といわれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

基準地価

7月1日時点の1平方メートル(林地は10アール)当たりの土地の価格で、土地を売買する際の目安となる。都道府県が調べて毎年発表する。県内の調査地点は19市町村の住宅地が181地点、宅地見込み地が3地点、商業地が57地点、工業地が20地点、林地が12地点の計273地点に上る。県不動産鑑定士協会に調査を委託した。

(2018-09-19 朝日新聞 朝刊 島根・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

きじゅん‐ちか【基準地価】

国土利用計画法に基づき、各都道府県が毎年7月1日現在の基準地の地価を調査し、国土交通省がまとめて9月中旬に発表する地価。住宅地、商業地、工業地など用途地域別に1平方メートル当たりの価格で示される。基準地標準価格。基準地価格。→公示地価路線価地価LOOKレポート

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きじゅんちか【基準地価】

国土利用計画法(1974年制定)による土地取引規制の基準とするため、都道府県が毎年一回(通常は七月一日)公表している地価。基準地価格。基準地地価。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

知恵蔵miniの解説

基準地価

国土利用計画法に基づき土地取引価格の審査基準価格として設定されるもの。基準地標準価格。毎年7月1日を基準日とし、基準地(調査地点)の1平方メートル(林地は10アール)あたりの評価額を都道府県が調査、9月中旬に国土交通省がまとめて発表する。住宅地・商業地・工業地など用途地域別に調査・発表される。16年は全国2万1675地点(うち福島県の28地点と熊本県の3地点は休止)が対象となった。

(2016-9-22)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

基準地価
きじゅんちか

都道府県の調査による毎年7月1日時点の地価で、都道府県地価調査の通称。国土利用計画法に基づき都道府県や政令指定都市が土地取引規制で価格審査の基準として用いるほか、一般の土地取引価格の目安ともなる。1999年(平成11)の調査地点(基準地)は全国で2万8120か所。1999年の基準地価は全国平均で前年比3.6%下落し、公示地価同様、8年連続前年の水準を下回った。とくに商業地は1975年の調査開始以来初めて、すべての都道府県で下落した。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

基準地価の関連情報