コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

埼玉銀行 さいたまぎんこう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

埼玉銀行
さいたまぎんこう

都市銀行の旧名称。1943年(昭和18)に埼玉県下の武州銀行、第八十五銀行、忍(おし)商業銀行、飯能(はんのう)銀行の4行が合併して設立されたもので、当初は地方銀行であったが、69年(昭和44)に都市銀行に転換した。埼玉県に強い営業地盤をもち、本店は浦和市(現さいたま市浦和区)にあった。消費者ローン、中小企業向け融資などに力を入れていた。1990年(平成2)協和銀行と合併し協和埼玉銀行となり、92年あさひ銀行と名称を変更した。なお、あさひ銀行は2003年大和(だいわ)銀行と分割・合併し、りそな銀行、埼玉りそな銀行に再編された。[村本 孜]
『埼玉銀行通史編纂室編『埼玉銀行通史』(1993・あさひ銀行)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android