コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

あさひ銀行 あさひぎんこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

あさひ銀行
あさひぎんこう

りそな銀行 (本店大阪市) と埼玉りそな銀行 (本店さいたま市) の前身の都市銀行。 1991年に協和銀行埼玉銀行が合併して発足した協和埼玉銀行が,1992年に商号変更。協和銀行は 1945年不動,安田,内国,東京,第一相互,大阪,日本相互,摂津,日本の9貯蓄銀行が合併して日本貯蓄銀行を設立。 1948年普通銀行に転換するとともに社名を協和銀行に変更。もともと中小企業との取引基盤をもつ銀行だけに消費者ローンを早くから手がけていた。埼玉銀行は 1943年第八十五銀行,武州銀行,忍商業銀行,飯能銀行が合併して設立。 1944年武州貯蓄銀行,忍貯蓄銀行を合併。その後地方銀行のトップを維持しながら,1969年都市銀行となり,関東地域をおもに支店網をもっていた。あさひ銀行は 2003年3月大和銀行と合併・分離して,りそなグループのりそな銀行と埼玉りそな銀行として発足した。あさひ銀行の埼玉県内の営業基盤は埼玉りそな銀行に継承された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

あさひ銀行
あさひぎんこう

都市銀行の旧名称。2003年(平成15)大和銀行と分割・合併し、りそな銀行、埼玉りそな銀行に再編された。
 1991年4月に協和銀行と埼玉銀行が対等合併し、協和埼玉銀行が誕生、1992年9月に「株式会社あさひ銀行」に商号変更した。貯蓄銀行を前身とする協和銀行と地方銀行として出発した埼玉銀行はともに大企業取引よりも、中堅・中小企業、個人取引を主力とするのでリテール(小口取引)トップ銀行を標榜(ひょうぼう)し、個人には身近なくらしのコンサルタントを、法人にはベスト・ブレイン(頭脳集団)として役だつことをモットーとし、長期経営計画も「ニューリテール」として展開した。しかし、1991年のバブル崩壊による平成不況が長期化し、金融システムへの不安が広がるなかで、銀行の再編が進行、あさひ銀行も他銀行との提携を目ざし、三和銀行、東海銀行(2002年に両行は合併しUFJ銀行となる。2006年より三菱東京UFJ銀行)との合併の動きがみられたが、実現には至らなかった。2002年3月に大和銀行グループと経営統合し、持株会社「大和銀ホールディングス」(同年10月「りそなホールディングス」と改称)に参加した。さらに、2003年3月には大和銀行と分割・合併し、りそな銀行、埼玉りそな銀行に再編された。あさひ銀行の埼玉県内の店舗等は埼玉りそな銀行となり、りそなグループの一員として新しいスタートをきった。2002年9月時点の資本金6054億円、従業員数8166、預金量18兆6191億円、貸出金16兆1349億円、有人店舗数295(うち埼玉県112)、店舗外ATM645(うち埼玉県339)であった。[村本 孜]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

あさひ銀行の関連キーワードりそなホールディングスりそな銀行[株]りそな銀行(株)埼玉県川越市幸町あさひ銀行[株]東海銀行[株]埼玉銀行[株]UFJグループ三和銀行[株]小田切武林色部 義明牧野元次郎銀行の合併平沼弥太郎銀行再編吉野重彦三和銀行谷田真吾東海銀行進藤咲

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

あさひ銀行の関連情報