コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大和銀行 だいわぎんこう

2件 の用語解説(大和銀行の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大和銀行
だいわぎんこう

りそな銀行 (本店大阪市) と埼玉りそな銀行 (本店さいたま市) の前身の都市銀行。 1918年6月資本金 1000万円で大阪野村銀行を設立。 1925年証券部を分離して野村證券を設立。 1927年野村銀行と改称,1944年野村信託を合併して信託併営の銀行となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大和銀行
だいわぎんこう

都市銀行の旧名称。2003年(平成15)あさひ銀行と分割・合併し、りそな銀行、埼玉りそな銀行に再編された。1918年(大正7)に野村徳七(とくしち)らによって設立された大阪野村銀行が前身。1925年証券業務を野村証券として分離、1927年(昭和2)野村銀行と改称、1944年野村信託を吸収合併、1948年大和銀行に改称した。信託併営銀行で、本来の銀行業務に加えて信託業務を手がけ、とくに年金信託では業界のトップであった。1995年ニューヨーク支店においてアメリカ国債の投資にからむ巨額損失が発覚、アメリカからの撤退を余儀なくされた。1999年にサッカーくじ(正式名称はスポーツ振興投票、2001年全国販売開始)の受託金融機関となった。2001年12月、持株会社「大和銀ホールディングス」を設立、近畿大阪銀行、奈良銀行とともにその傘下に入った。2002年3月、あさひ銀行が大和銀ホールディングスに参加して大和銀行グループと経営統合。大和銀ホールディングスは同年10月に改称し、日本第4位の銀行グループ「りそなホールディングス」となった。2002年9月時点の資本金は4432億円、預金量10兆0932億円、貸出金9兆2049億円、従業員数5193人、有人店舗数181店、店舗外ATM253であった。
 2003年3月大和銀行とあさひ銀行は分割・合併し、りそな銀行、埼玉りそな銀行に再編され、大和銀行の銀行業務はりそな銀行、年金・信託部門はりそな信託銀行に継承された。しかし、同年5月、経営不振から公的資金の投入による実質国営化が決定された(「りそなショック」)。[金子邦彦]
『大和銀行80年史編纂委員会編纂『大和銀行八十年史』(1999・大和銀行)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大和銀行の関連情報