コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堀尾忠氏 ほりお ただうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堀尾忠氏 ほりお-ただうじ

1577-1604 織豊-江戸時代前期の大名。
天正(てんしょう)5年生まれ。堀尾吉晴の子。徳川家康につかえ,美濃(みの)(岐阜県)川越の合戦,関ケ原の戦い武功をたてる。慶長5年出雲(いずも)松江藩主堀尾家初代。24万石。居城を富田(とだ)から松江にうつすことを父と計画したが,新城着工前の慶長9年8月4日死去。28歳。幼名弥助

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の堀尾忠氏の言及

【堀尾氏】より

…室町~江戸初期の武家。高階(たかしな)氏の支族。高階泰経(やすつね)の曾孫邦経以来尾張丹羽郡に勢力を扶植し,その4代の孫忠泰が初めて堀尾を称したという。忠泰4代の孫泰政のとき織田信長の父信秀に仕え,その子泰晴は信長に従って活躍した。泰晴の子堀尾吉晴は豊臣秀吉の家臣として多くの戦いに従軍,1590年(天正18)浜松12万石を与えられた。1600年(慶長5)関ヶ原の戦ののち隠退,子忠氏が出雲・隠岐24万石を領したが,忠氏は4年後に死去。…

※「堀尾忠氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

堀尾忠氏の関連キーワード堀尾忠晴横田村詮

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

堀尾忠氏の関連情報