コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堀尾吉晴 ほりおよしはる

7件 の用語解説(堀尾吉晴の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

堀尾吉晴
ほりおよしはる

[生]天文12(1543).尾張
[没]慶長16(1611).6.17. 出雲
安土桃山時代の武将。通称,茂助。吉定,吉直,可晴ともいった。泰晴の子。織田信長豊臣秀吉に仕え,斎藤氏征討,近江攻めなどに功があり,若狭高浜,近江佐和山を領し,天正 18 (1590) 年遠江浜松 12万石を与えられ,慶長3 (98) 年中老,のち越前府中5万石を加封された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ほりお‐よしはる〔ほりを‐〕【堀尾吉晴】

[1543~1611]安土桃山時代の武将。尾張の人。名は可晴とも書く。豊臣秀吉に仕えて、慶長3年(1598)三中老の一人となった。関ヶ原の戦いでは徳川方。松江城を築城。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堀尾吉晴 ほりお-よしはる

1543-1611 戦国-江戸時代前期の武将。
天文(てんぶん)12年生まれ。豊臣秀吉の家臣。小田原攻めに功をたて,遠江(とおとうみ)(静岡県)浜松城12万石の城主となる。慶長4年隠居。9年出雲(いずも)松江藩主堀尾家初代である子の忠氏が死去したため,2代をついだ6歳の孫忠晴を補佐し,松江城を築城した。慶長16年6月17日死去。69歳。幼名は仁王丸。通称は小太郎,茂助。名は可晴ともかく。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

堀尾吉晴

没年:慶長16.6.17(1611.7.26)
生年:天文12(1543)
安土桃山・江戸前期の武将。尾張丹羽郡の土豪堀尾泰晴(吉久)の長男。幼名仁王丸,通称を小太郎,茂助といった。名は吉定,吉直といったときもあり,可晴とも書いた。はじめ織田信長に仕えたが,早くに豊臣秀吉に仕え,天正1(1573)年,近江長浜のうちで100万石を与えられ,同13年には近江佐和山城主4万石となった。同15年の九州攻めののち,従五位下帯刀先生に任じられ,同18年の小田原攻め後,遠江浜松城(12万石)に移った。秀吉の信任厚く,いわゆる三中老のひとりに任じられたが,秀吉死後の慶長4(1599)年,越前府中で5万石を与えられたとき家督を子忠氏に譲り,越前府中に隠居することになった。翌5年7月に新領地へ赴く途中,三河の池鯉鮒(知立市)で加賀井重望(秀望とも)に切られ傷つき,9月の関ケ原の戦には参戦できなかった。戦後,子忠氏が出雲に転封されたのに従い,忠氏早世後は孫忠晴を補佐し,松江城を築いている。

(小和田哲男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ほりおよしはる【堀尾吉晴】

1543‐1611(天文12‐慶長16)
戦国末~江戸初期の武将。尾張御供所に生まれる。茂助と称し,可晴とも書く。豊臣秀吉に仕え,1590年(天正18)遠江浜松の城主となった。のち徳川家康に通じ,別に越前府中を与えられた。1600年(慶長5)会津出兵に子忠氏を従わせ,自身は命により上方,北国の動静を探るため浜松より越前に向かった。途中水野忠重の謀殺に遭遇し,刺客を討った。同年出雲松江24万石に移った。【西田 真樹】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ほりおよしはる【堀尾吉晴】

1543~1611) 安土桃山時代の武将。豊臣家三中老の一人。関ヶ原の戦いでは東軍につき、出雲・隠岐二四万石に加増移封。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

堀尾吉晴
ほりおよしはる
(1543―1611)

豊臣(とよとみ)政権下の大名。可晴とも書き、吉定、吉直ともいう。尾張(おわり)(愛知県)出身。藤吉郎(とうきちろう)時代以来の豊臣秀吉家人として功あり、1573年(天正1)近江(おうみ)長浜(ながはま)に110石を与えられて以降、逐次加増。若狭(わかさ)高浜1万7000石、若狭坂木2万石、近江佐和山4万石の城主を歴任。90年の小田原征伐には山中攻城戦に参加、平定後、遠江(とおとうみ)浜松12万石に加増移封され、98年(慶長3)三中老(ちゅうろう)の一人となる。99年越前(えちぜん)府中城5万石を隠居料として与えられ、嗣子(しし)忠氏(ただうじ)に家督を譲渡。1600年(慶長5)忠氏は出雲(いずも)富田に転封されてまもなく死去し、孫の忠晴(ただはる)が若年のため国政を後見。11年には松江城を築城した。慶長(けいちょう)16年6月17日没。[谷口研語]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の堀尾吉晴の言及

【出雲国】より

…この後山中幸盛等による尼子再興の試みが続けられたというものの,それも失敗に帰し,89年(天正17)には毛利氏による太閤検地が実施されて中世社会は終りを告げることになった。【井上 寛司】
【近世】
 1600年(慶長5)11月,関ヶ原の敗戦で長門国に退いた毛利氏に代わって,出雲・隠岐両国24万石の大守として,遠江国浜松から堀尾吉晴が入部した。御帳前18万6000石,内検27万8500石が出雲国の石高であった。…

【松江[市]】より

…市街地は島根半島の南側,宍道(しんじ)湖中海にはさまれた松江平野に位置し,東流する大橋川によって北の末次(橋北)と南の白潟(しらかた)(橋南)に二分されている。江戸時代初期に堀尾吉晴が北部の亀田山に築城し,京極氏を経て松平氏の城下町として繁栄した。明治維新後,松江に県庁が置かれて県の政治・経済・文化の中心となり,1908年宍道湖の南岸に山陰本線,28年北岸に一畑(いちばた)電鉄が開通して市街地が拡大した。…

【松江藩】より

…初期は外様,中期以降は親藩。1600年(慶長5)堀尾吉晴が出雲・隠岐両国24万石に封ぜられ,能義郡富田城に入る。07年島根郡末次の亀田山に移城を決定,11年に完成移転,以後歴代藩主の居城となった。…

※「堀尾吉晴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

堀尾吉晴の関連キーワード石川康長今城為親織田有楽清韓文英岡島右近牧興相山岡如軒酒井貞月弘尊丹羽氏

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

堀尾吉晴の関連情報