コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丹南 たんなん

3件 の用語解説(丹南の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

丹南
たんなん

兵庫県東部,篠山盆地西部にある地区,旧町名。 1955年味間,城南,古市,大山の4村が合体して町制ののち,1999篠山今田西紀の3町と合体して篠山市となる。南部の古市は丹波と摂津の国境をなす古い市場町。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

丹南
たんなん

兵庫県東部、多紀(たき)郡にあった旧町名(丹南町(ちょう))。現在は篠山(ささやま)市の西部を占める一地区。1955年(昭和30)味間(あじま)、城南、古市(ふるいち)、大山の4村が合併して町制施行。丹波(たんば)国の南部に位置することから丹南町が成立したが、1999年(平成11)今田(こんだ)、篠山、西紀(にしき)3町と合併、市制施行して篠山市となる。JR福知山線、国道176号、372号が通じ、舞鶴若狭(まいづるわかさ)自動車道丹南篠山口インターチェンジがある。西部と南部は山地、東部は篠山盆地の一部で土地は肥沃(ひよく)である。主産業は農業で、ヤマノイモ、ダイズ(丹波黒大豆)などを特産する。味間は丹波茶の県下最大の生産地。地区内にJRの駅が五つあり、交通の便がよいことから阪神地方のベッドタウン化が進む。味間地区には二村(ふたむら)神社、文保(ぶんぽう)寺などの古社寺が多く、7世紀開基と伝えられる大国(だいこく)寺には、室町初期の本堂、平安時代の大日如来(だいにちにょらい)像など国指定重要文化財が多い。[二木敏篤]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

丹南の関連キーワード篠山篠山盆地兵庫県篠山市川原兵庫県篠山市北新町兵庫県篠山市黒岡兵庫県篠山市呉服町篠山〈町〉丹南〈町〉西紀〈町〉兵庫県篠山市矢代

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

丹南の関連情報