コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堀込源太 ほりごめ げんた

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堀込源太 ほりごめ-げんた

1872-1943 明治-昭和時代前期の民謡家。
明治5年1月29日生まれ。日光例幣使街道八木宿(栃木県足利市)ちかくにすむ馬方で,地元の口説節(くどきぶし)系の盆踊り歌の名手。その歌は源太節ともよばれ,大正5年には東京浅草に進出し,「国定忠治」などの物語を節にのせて威勢よくうたう。これが八木節として全国にひろまった。昭和18年12月8日死去。72歳。栃木県出身。本名は渡辺源太郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の堀込源太の言及

【八木節】より

…これは足利郡山辺村堀込出身の馬方,美声家の渡辺源太郎が歌いひろめたもので,《源太節》とも呼ばれた。源太郎はのちに〈堀込源太〉と名のって《八木節》のプロとなり,群馬県山田郡矢場川村出身の新井勝一郎と一座を組み,芝居の幕あいの余興に歌って人気を博し,1915年には大道芸の一座に加わり東京浅草で演じている。音頭取りが樽を叩き,鉦(かね),笛,鼓などでにぎやかに囃す。…

※「堀込源太」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

堀込源太の関連キーワード堀込 源太(1代目)堀込 源太(初代)前田 勝之助明治

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android