コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八木節 やぎぶし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

八木節
やぎぶし

栃木県と群馬県地方で歌われる民謡。樽をたたきながら,明確なリズムに乗って歌う一種の口説で,大正中期頃から有名になった。『国定忠次』『鈴木主水 (もんど) 』などの曲目がある。本来は江戸時代日光例幣使 (れいへいし) 街道にあたっていた旧八木宿で歌われた盆踊唄であった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

八木節【やぎぶし】

栃木県足利市を中心として両毛地方に行われる有名な民謡。たるをたたきながら歌う口説(くどき)風の盆踊歌。各地で歌われている口説節が明治後期に八木宿近くの渡辺源太郎(通称堀込源太)などによって現在の形に改められ,源太節として知られるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やぎぶし【八木節】

民謡の曲名。群馬県,栃木県の代表的な盆踊歌で,群馬県新田郡新田町の木崎で歌われた《木崎音頭》が元歌といわれる。木崎は,江戸時代,東照宮への日光例幣使街道宿駅で,旅籠屋に働く越後生れの飯盛女宴席などで《新保広大寺くずし》を歌って人気を得,これに樽叩きの技法をとり入れて盆踊歌にしたのが《木崎音頭》である。この歌が隣接の栃木県八木宿(現,足利市御厨(みくりや)町)に流れ,《八木節》として盛んに歌われた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

やぎぶし【八木節】

栃木・群馬・埼玉県の民謡で、盆踊り唄。新潟県の「新保広大寺」が醬油職人たちによって例幣使街道の宿場に伝えられたもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

八木節
やぎぶし

日光例幣使(れいへいし)街道沿いから利根(とね)川流域にかけての、群馬、栃木、埼玉3県にまたがる民謡。同地方で盆踊り唄(うた)として歌われてきたもの。その源流は、天明(てんめい)初年(1782ころ)に現在の新潟県十日町市下組(しもぐみ)新保で生まれた和尚(おしょう)の悪口唄『新保広大寺』で、それが瞽女(ごぜ)などの手によって長編の物語を歌う口説(くどき)節化された。それを日光例幣使街道の宿場へ持ち込んできたのは、木崎宿あたりへきていたしょうゆ造りの職人か、太神楽(だいかぐら)の芸人あたりらしい。それが大流行し始めたなかで、足利(あしかが)の八木宿(現在栃木県足利市御厨(みくりや)町八木)のものが有名になっていった。そこへ馬車引きで美声の名手、渡辺源太郎(1872年栃木県山辺村字堀込生まれ。のちの堀込源太)が現れ、「馬方節」の歌い出しの「ハァー」を加えるなどして、今日の形をまとめあげ、上渋垂(しぶたれ)の芳兵衛、勘十の両人が花笠(はながさ)踊りをつけた。[竹内 勉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の八木節の言及

【踊口説】より

…盆踊の場合は主として音頭取が独演し,踊手ははやしことばを唱和する形式で語られる。《河内(かわち)音頭》《江州(ごうしゆう)音頭》など〈何々音頭〉という曲目名でよばれることが多く,《八木節》も音頭取中心の演唱形式で,前記2曲とともに踊口説の代表的なものである。【仲井 幸二郎】。…

※「八木節」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

八木節の関連キーワード堀込 源太(1代目)堀込 源太(初代)山形花笠まつり栃木県足利市前田 勝之助笠踊(傘踊)八木節様式例幣使街道清水ヨシト踊り口説き盆踊り唄追分様式埼玉県新潟県踊口説クドキ謡物追分宿場

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

八木節の関連情報