堀部魯九(読み)ほりべ ろきゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堀部魯九 ほりべ-ろきゅう

?-1743 江戸時代中期の俳人。
美濃(みの)(岐阜県)蜂屋の人。郷里に孤耕庵をむすぶ。内藤丈草の唯一の門弟という。師の没後に追善集「幻之庵(まぼろしいおり)」「鳰(にお)法華」などを出版した。寛保(かんぽう)3年10月5日死去。名は佐七郎。別号に孤耕庵。編著に「春鹿集」「雪白河」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android