内藤丈草(読み)ナイトウジョウソウ

  • ないとうじょうそう〔ヂヤウサウ〕
  • 内藤丈草 ないとう-じょうそう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1662-1704 江戸時代前期の俳人。
寛文2年生まれ。尾張(おわり)名古屋藩家老内藤家につかえる。家督異母弟にゆずり出家。元禄(げんろく)2年松尾芭蕉(ばしょう)に入門,師の死後,3年間のに服し,仏幻庵をたてて隠棲する。芭蕉の「さび」をもっともよくつたえた蕉門十哲のひとり。元禄17年2月24日死去。43歳。名は本常。通称は林右衛門。別号に仏幻庵,懶窩(らんか)。著作に「寝転草(ねころびぐさ)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

没年:元禄17.2.24(1704.3.29)
生年:寛文2(1662)
江戸前期の俳人。尾張国(愛知県)犬山藩士であったが,元禄1(1688)年,27歳で致仕,出家して京都に住む。翌年松尾芭蕉に入門。生来ものぐさであったらしく,みずから懶窩と称している。芭蕉は彼の才能を惜しんで「此僧(丈草)この道にすすみ学ばば,人の上にたたむ事月を越ゆべからず」といったという。同門の人々から敬愛され,おのずから蕉門の代表者のひとりと目されるにいたった。また,芭蕉の死後3年間喪に服し,その後再び3年間庵に籠って,追善のために1000部の法華経を読誦した行為にも,その人柄をみることができる。<参考文献>市橋鐸『丈草伝記考説』

(田中善信)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]寛文2(1662).尾張
[没]元禄17(1704).2.24. 近江
江戸時代中期の俳人。名,本常。通称,林右衛門。幼名,庄之助。別号,仏幻庵,懶窩 (らんか) ,無懐,無辺,一風,太忘軒,弘句庵。尾張犬山藩士。漢学を穂積武平に,禅を玉堂和尚に学んだ。元禄1 (1688) 年異母弟に家を譲り出家して上洛,同2年芭蕉に入門,『猿蓑』の跋文を書いた。同6年近江無名庵に住み,同9年からは竜ヶ岡の西の仏幻庵に生涯の居を定めた。温厚篤実,名利に恬淡な人柄で,洒脱な面もあり諸人に慕われた。編著『寝ころび草』 (94) ,『丈草発句集』 (1774) ,漢詩集『驢鳴草』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

江戸時代の俳人。蕉門十哲の一人。本名内藤林右衛門。別号仏幻庵・懶窩(らんか)など。尾張国(愛知県)犬山藩士で、のちに出家し、京にのぼり、蕉門に入る。「猿蓑」に後序を書き著名になるが、元祿六年(一六九三)近江国(滋賀県)に移り、無名庵を住居とした。芭蕉の没後、元祿九年には龍ケ岡の西に仏幻庵を結んだ。著に「ねころび草」、漢詩集「驢鳴草」。寛文二~元祿一七年(一六六二‐一七〇四

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の内藤丈草の言及

【丈草】より

…江戸前期の俳人。姓は内藤,名は本常,通称は林右衛門。仏幻庵,懶窩(らんか)などの別号がある。元尾張犬山藩士。10歳のころ俳諧に親しみ,20歳ころから禅に傾倒する。1688年(元禄1)8月,病気を理由に致仕(異母弟に家督を譲るためとも伝える)。すでに1686年(貞享3)冬には芭蕉に句を送り指導を請うていたが,致仕後は京に出,幼なじみの史邦(ふみくに)の紹介で去来と親交を結ぶ。91年刊の去来・凡兆撰《猿蓑(さるみの)》には跋文を草し,蕉門俳壇の中でしだいに重きをなし,芭蕉の信頼も得た。…

※「内藤丈草」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android