コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堂本尚郎 どうもとひさお

3件 の用語解説(堂本尚郎の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

堂本尚郎【どうもとひさお】

画家。京都市生れ。日本画家堂本印象の甥。京都市立美術専門学校卒。1948年日展入選。1955年渡仏,油彩を学ぶ。パリでアンフォルメル運動に参加。1957年初個展《パリ》。
→関連項目ベネチア・ビエンナーレ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堂本尚郎 どうもと-ひさお

1928-2013 昭和後期-平成時代の洋画家。
昭和3年3月2日生まれ。堂本印象の甥(おい)。昭和26年日展で日本画「蔦のある白い家」が特選。30年渡仏。アンフォルメル運動に参加。38年サンマリノ-ビエンナーレで金賞。63年東郷青児美術館大賞。シリーズ「連続の溶解」など重厚な抽象の世界を展開する。平成19年文化功労者。平成25年10月4日死去。85歳。京都府出身。京都市立美術専門学校(現・京都市立芸大)卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

堂本尚郎
どうもとひさお
(1928―2013)

洋画家。京都市に生まれる。日本画家堂本印象(いんしょう)の甥(おい)。1952年(昭和27)京都市立美術専門学校(現京都市立芸術大学)研究科(日本画)を修了。日展で白寿賞を二度受賞するなどの実績をもつが、洋画に転じ、1955年渡仏。パリに住み、アンフォルメル運動に参加して、激しくダイナミックな作品を制作し、1957年パリのスタドラー画廊で初個展以後、欧米各地で発表活動を行う。1958年パリ国立近代美術館の外国人青年作家展でグランプリ、1960年現代日本美術展で東京国立近代美術館賞、1963年サン・マリノ・ビエンナーレ展で金賞、1964年ベネチア・ビエンナーレ展でアルチュール・レイワ賞を受賞するなど、国際的に高い評価を受ける。1968年から東京に住み、1979年パリ市立近代美術館で個展を開催。作風は1960年代前半から平面性を強め、「連続の溶解」シリーズに着手、1960年代後半には油彩からアクリル絵具に移り、円の配列による「連鎖反応」シリーズを制作、さらに「宇宙」の連作に移るなど、日本人の感性と美意識を生かした抽象作風の追求を続けた。1983年フランス政府より芸術文化勲章、1996年(平成8)にはレジオン・ドヌール勲章シュバリエ章を贈られる。2007年文化功労者。[小倉忠夫・柳沢秀行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

堂本尚郎の関連キーワード吉田文雀森毅天田昭次大久保典夫加藤進鈴木鷹夫立間祥介角田達郎野上竜雄山下和夫

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

堂本尚郎の関連情報