堅白同異(読み)けんぱくどうい

精選版 日本国語大辞典「堅白同異」の解説

けんぱく‐どうい【堅白同異】

〘名〙
① 中国、戦国時代に、公孫龍が説いた一種の詭弁(きべん)。たとえば「堅く白い石は二であって一ではない。なぜなら、目で見たときは白いことは分かるが堅いことは分からない。手で触れたときは堅いことが分かるだけで色のことは分からない。ゆえに堅と白とは二であって、同一のものではない」と説く類。堅石白馬堅白異同
※清原国賢書写本荘子抄(1530)四「此人は堅白同異をよく分別して、天地の間にかけてをきたる如と云」 〔史記‐孟荀卿伝〕
② 詭弁をもてあそぶ議論。堅白異同。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「堅白同異」の解説

けんぱく‐どうい【堅白同異】

公孫竜堅白論」から》中国、戦国時代に、公孫竜の説いた詭弁きべん的命題。堅くて白い石があるとき、「堅さ」と「白さ」とは、別個の認識であるが、存在としては一つのものである、という考え方の違いを論じるもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android