堅白同異(読み)ケンパクドウイ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 中国、戦国時代に、公孫龍が説いた一種の詭弁(きべん)。たとえば「堅く白い石は二であって一ではない。なぜなら、目で見たときは白いことは分かるが堅いことは分からない。手で触れたときは堅いことが分かるだけで色のことは分からない。ゆえに堅と白とは二であって、同一のものではない」と説く類。堅石白馬。堅白異同。
※清原国賢書写本荘子抄(1530)四「此人は堅白同異をよく分別して、天地の間にかけてをきたる如と云」 〔史記‐孟荀卿伝〕
② 詭弁をもてあそぶ議論。堅白異同。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android