コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

報徳会 ほうとくかい

世界大百科事典 第2版の解説

ほうとくかい【報徳会】

岡田良平一木喜徳郎など文部・内務官僚の主導のもとに,留岡幸助などの社会事業家,早川千吉郎などの資本家の参加によってつくられた半官半民教化団体。1905年に結成され,12年に中央報徳会と改称した。報徳主義を指導精神とし,〈勤倹力行〉〈分度推譲〉(分度は二宮尊徳の創始した仕法上の用語で分限度合の意)などの諸徳目を道徳と経済の調和というスローガンに組み入れて,資本主義の発展によって動揺した農村共同体秩序を再編するための地方改良運動の推進母体となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

報徳会の関連キーワード花田 仲之助花田仲之助新村豊作桑田熊蔵斎藤万吉井上友一青年団

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

報徳会の関連情報