コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

報徳社 ほうとくしゃ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

報徳社
ほうとくしゃ

幕末の思想二宮尊徳の教えを実現するために後継者たちが幕末から明治初期にかけて組織した結社。それ以降第2次世界大戦前まで幾度かの農村恐慌のたびに政府の支持を受け精神運動,経済運動を盛んに行なった。勤倹などの徳目教化を通じて農村の精神的動揺を防ぐとともに各種の治水事業,農業改良事業,農業技術指導,さらに信用組合運動まで行い,農村の実際的な社会的,経済的組織化にも貢献した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほうとくしゃ【報徳社】

二宮尊徳報徳主義を実践するための結社。報徳とは《論語》における〈以徳報徳〉に由来するもので,天・地・人三才の徳に報いるに,実践的徳行をもってすることを意味する。尊徳は1820年(文政3)小田原領において下級士族および一般民衆の救済のため五常講を設けているが,この経験をもとに,43年(天保14)小田原町民らの要請により基金160両を与え小田原仕法組合を創設した。これが小田原報徳社の発業であり,報徳社の最初とされている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ほうとくしゃ【報徳社】

1843年、二宮尊徳の指導のもと小田原に設立された農民扶助のための相互融資機関。尊徳の死後も門弟により各地に相次いで設立され、独立自営農民を主体とする結社として明治維新以降も発展、1924年(大正13)大日本報徳社の結成に至った。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

報徳社
ほうとくしゃ

二宮尊徳(にのみやそんとく)が創唱した報徳の教えに基づく結社組織。1843年(天保14)設立の常陸(ひたち)国(茨城県)下館(しもだて)藩の報徳信友講と相模(さがみ)国(神奈川県)小田原(おだわら)仕法(しほう)組合が最初とされている。報徳思想は、勤労、分度、推譲を徳行の原則とし、個人や社会の衰貧復興計画としての報徳仕法を行うために報徳社が組織された。幕末期には難村復旧、家政立て直しのため相模、下野(しもつけ)(栃木県)、遠江(とおとうみ)(静岡県)などに普及したが、明治以降は静岡県掛川(かけがわ)の岡田佐平治(さへいじ)・良一郎(りょういちろう)・良平(りょうへい)3代が指導した遠江国報徳社(1875年設立、1911年大日本報徳社と改称)を中心に静岡県下で発展した。また、ほかに小田原報徳社、駿河(するが)東報徳社、報徳報本社、報徳遠譲社、駿河国西報徳社、静岡報徳社、三河報徳社などがあった。これらは設立事情の差異により生じた分派で、1924~40年(大正13~昭和15)に合同、大日本報徳社の傘下に入った。報徳社は、経済と道徳との調和を説いて協同精神を強調するとともに、報徳金の積立てと運用による無利・低利の貸付け、殖産興業、農事改良、風俗教育などを行い成果をあげた。一方、政府は地方改良運動、民力涵養(かんよう)運動、国民更生運動、経済更生運動などの際、国民教化と地方自治政策の一手段として報徳社を指導、奨励したため、報徳運動は全国的に広まった。第二次世界大戦後、報徳社組織は後退しているが、1977年(昭和52)の大日本報徳社所属社は全国で208社、社員数9040人、報徳金は29億2000万円となっている。なおこのほかにも各種の報徳団体がある。[海野福寿]
『八木繁樹著『報徳運動100年のあゆみ』(1980・龍渓書舎)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

報徳社の関連キーワード静岡県掛川市掛川佐々井 信太郎報徳二宮神社佐々井信太郎諸遊 弥九郎一木 喜徳郎大日本報徳社石谷 伝四郎独立自営農民金原孫四郎岡田佐平治松本 喜作安居院庄七諸遊弥九郎石谷伝四郎一木喜徳郎伊藤七郎平掛川(市)岡田良一郎中村 義上

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

報徳社の関連情報