場屋取引(読み)じょうおくとりひき

世界大百科事典 第2版の解説

じょうおくとりひき【場屋取引】

劇場,映画館,ホテル飲食店遊園地など,そこに集まる客に人的・物的設備を利用させる取引。サービス業の部類に属するといえる。営業的商行為一種として定められており(商法502条7号),商法の適用範囲を決める商人,商行為という概念を構成する要素の一つに含まれる。設備を設け客を集める営業であっても,小売店のように物品の販売(501条1号)が主目的ではなく,また鉄道のように運送(502条4号)というサービスを提供するものでもない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android