コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塑性加工潤滑 そせいかこうじゅんかつ lubrication in plastic working

1件 の用語解説(塑性加工潤滑の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

そせいかこうじゅんかつ【塑性加工潤滑 lubrication in plastic working】

塑性加工を行う際に,工具と材料の摩擦部分の摩擦力を減少させること。塑性加工は,材料に固体工具を介して力を及ぼし変形させて行うものであるから,工具と材料との間には圧力と摩擦力とが作用する。摩擦力は圧延を除いてほとんどの場合,ないほうが好ましいものである。圧延の場合でも,ロールが材料をかみ込むために十分な摩擦力さえあればそれ以上の摩擦力は有害であるので,ある程度の潤滑を行うことが必要である。摩擦が存在すると,加工力が余分に必要となり加工動力が大きくなること,材料の内部の変形に乱れが生じて製品の材質の不均質や内部割れの発生などの問題が生ずるおそれがあること,工具表面が摩滅するなど工具の損耗が大きくなって工具原単位が大きくなること,などの不都合がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

塑性加工潤滑の関連キーワード塑性加工鍛造熱間加工防水加工冷間加工器材給油摩擦車水圧プレスクーロンの摩擦法則

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone