塗板(読み)トバン

  • ぬりいた
  • ぬりばん

デジタル大辞泉の解説

白墨で書くために、黒や緑に塗った黒板
漆塗りの板。書いた文字をぬぐい消して何回でも使えるようにしたもの。ぬぐいいた。
黒板のこと。ぬりばん。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 漆を塗ってある板。文字を記し、何回でもぬぐい消してさらに使用できるようにしたもの。題目を書き記す長細い板や名札など。ぬぐいいた。ていた。〔俳諧・毛吹草(1638)〕
※虞美人草(1907)〈夏目漱石〉一四「今晩の語り物が塗板(ヌリイタ)に白くかいてある」
② =ぬりばん(塗板)〔和英語林集成(再版)(1872)〕
〘名〙 白墨(はくぼく)で書けるように漆や油煙墨などを塗った板。黒板。ぬりいた。
※永日小品(1909)〈夏目漱石〉紀元節「塗板(ヌリバン)を眺めてゐると、廊下から先生が」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の塗板の言及

【黒板】より

…主として集団教授の際に用いられる。古くは塗板とも呼ばれた。ヨーロッパで16世紀ころに使用されはじめ,19世紀に公教育制度の確立とともに広く普及した。…

※「塗板」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android