コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塗板 トバン

デジタル大辞泉の解説

と‐ばん【塗板】

白墨で書くために、黒や緑に塗った板。黒板

ぬり‐いた【塗(り)板】

漆塗りの板。書いた文字をぬぐい消して何回でも使えるようにしたもの。ぬぐいいた。
黒板のこと。ぬりばん。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とばん【塗板】

白墨で書くために、黒や緑に塗った板。黒板。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の塗板の言及

【黒板】より

…主として集団教授の際に用いられる。古くは塗板とも呼ばれた。ヨーロッパで16世紀ころに使用されはじめ,19世紀に公教育制度の確立とともに広く普及した。…

※「塗板」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

塗板の関連キーワード白墨

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android