白墨(読み)はくぼく(英語表記)chalk

翻訳|chalk

デジタル大辞泉の解説

しら‐ずみ【白墨】

しろずみ」に同じ。

しろ‐ずみ【白墨】

胡粉(ごふん)を練り固めて作った白色の絵の具。しらずみ。

はく‐ぼく【白墨】

白亜や焼き石膏(せっこう)の粉末を水で練って棒状に固めたもの。白色であるが、顔料を加えた赤・黄色などもある。黒板などに書くのに使用。チョーク

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

はくぼく【白墨】

黒板などに筆記する用具。チョークともいう。天然にチョーク(白亜)として産する炭酸カルシウム原料とするものと,石膏(せつこう)を原料とするものがある。1873年フランスから輸入された石膏チョークをもとに大阪の杉本卯之助が製法の研究を始め,2年後には中国産の石膏原石を焼石膏にしたものを砕いて水と混ぜ,スズ(錫)製の型に流して作ったという。初めは石盤に字を書く蠟石の代りに用いられたため蠟石と呼ばれたが,黒板の普及とともに需要も増加し,国産の石膏原石も使われるようになった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しらずみ【白墨】

しろずみ(白墨)」に同じ。

しろずみ【白墨】

胡粉ごふんを固めて作った白色の絵の具。しらずみ。

はくぼく【白墨】

白亜はくあや焼石膏の粉末を水で練って棒状に固めたもの。顔料を加えたものもある。黒板・石盤などに筆記するのに用いる。チョーク。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しら‐ずみ【白墨】

しろ‐ずみ【白墨】

〘名〙 白色の絵の具。胡粉(ごふん)を練り固めたもの。しらずみ。はくぼく。
※歌舞伎・いとなみ六方(1674頃)「しろずみ わずみごふんずみ」

はく‐ぼく【白墨】

〘名〙
① 高温度で粉末にした焼石膏を水で練って棒状に固めたもの。黒板などに文字や図などを書くのに用いる。色をつけるため顔料を加えたものもある。チョーク。
※日本読本(1887)〈新保磐次〉四「蛤、あさり、蜆等の殻も亦焼きて胡粉となし、或は白となす」
② =はくあ(白亜)①〔工学字彙(1886)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の白墨の言及

【黒板】より

白墨(チョーク)で字や図を書きつけて掲示するために黒色または緑色に塗られた板。主として集団教授の際に用いられる。…

※「白墨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白墨の関連情報