コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塗(り)絵 ヌリエ

世界大百科事典 第2版の解説

ぬりえ【塗絵】

画用紙などに子ども向きのさまざまな絵の輪郭だけが描いてあり,この輪郭に合わせて色を塗っていく絵紙。これを数枚とじ合わせた塗絵帳が小物玩具として売られ,児童雑誌などの付録にも用いられる。絵柄は女の子を中心にした生活風俗,漫画,テレビ番組の人気者などが多い。学齢前後の幼女にことに親しまれ,第2次大戦直後には〈きいちのぬりえ〉(蔦谷喜一画)が爆発的な人気を得た。欧米では19世紀ごろ紙製のおもちゃとして生まれ,日本では色鉛筆が登場した大正期から,幼稚園,小学校の図画教育興隆にともなって出回るようになった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

塗(り)絵の関連キーワード画用紙

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android