図画教育(読み)ずがきょういく(英語表記)art education

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

図画教育
ずがきょういく
art education

絵や図を描く技法の習熟,作品鑑賞力の発展を通じて,造形感覚,創造的表現力,美的情操などを養う教育。初等教育では 1872年の学制に始る鉛筆画時代,岡倉天心フェノロサの意見による毛筆画時代,文部省図画教育調査委員会の調査に基づく「新定画帖」時代を経て,その間に,大正期の自由画教育運動を経験しながら第2次世界大戦後にいたり,工作と統合した図画工作となって,より広い造形活動を中心とする教科に発展してきた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ずがきょういく【図画教育】

絵画や図案,彫塑,製図などの造形活動を通じて人間形成をはかる教育。第2次大戦前では図画科という名前で図画教育が行われていたが,今日,その名称は小学校においてのみ図画工作科という形で残っている。しかし,これも中学校,高等学校の美術科,芸術科と同様に美術教育をめざす教育になっている。 図画教育と美術教育はともにart educationとして,その内容で重なるところは多いが,歴史的にみると,その発想では異なっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android