コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

増富[温泉] ますとみ

百科事典マイペディアの解説

増富[温泉]【ますとみ】

山梨県北西部,須玉町(現・北杜市)の本谷川右岸にある国民保養温泉。武田信玄が金鉱を採掘させたときの発見と伝える。含ホウ酸土類食塩放射能泉でラドンの含有量が多いので有名。
→関連項目須玉[町]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ますとみ【増富[温泉]】

山梨県北部の須玉町,金峰山山麓にある温泉。放射能泉,27℃。塩川の支流本谷川峡谷の北岸に位置し,源泉は十数ヵ所におよぶ。戦国時代,武田信玄が金山採掘の際にこの温泉を発見し,病人の湯治に利用したといわれ,信玄の隠し湯の一つに数えられている。1887年ころから金泉湯とよばれ,大正初期に世界一のラジウム含有量(1万2800マッヘ/l)を有することがわかり,ラジウム鉱泉として有名になった。秩父多摩国立公園の西の入口として,金峰山,瑞牆(みずがき)山,金山平などの登山やハイキングが楽しめる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の増富[温泉]の言及

【金峰山】より

…古くから修験道の盛んな山で,五丈岩の下には,かつて籠堂が置かれていた。登山基地の一つ西麓の増富温泉はラジウム泉として知られる。【平川 一臣】。…

※「増富[温泉]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

増富[温泉]の関連キーワード金峰山(長野・山梨)秩父多摩甲斐国立公園

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android