コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

須玉 すたま

2件 の用語解説(須玉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

須玉
すたま

山梨県北西部,北杜市東部の旧町域。秩父山地瑞牆山に発する塩川と,八ヶ岳に発する須玉川の流域にある。 1955年若神子 (わかみこ) 村,穂足村,多麻村,津金村の4村が合体し町制。 1956年江草村,1959年増富村を編入し,1990年須玉 (すだま) から須玉 (すたま) に呼称変更。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

須玉
すたま

山梨県北西部、北巨摩(きたこま)郡にあった旧町名(須玉町(ちょう))。現在は北杜(ほくと)市の東部を占める一地区。1955年(昭和30)若神子(わかみこ)、穂足(ほたり)、多麻(たま)、津金(つがね)の4村が合併し町制改称。1956年江草(えぐさ)村、1959年増富(ますとみ)村を編入。名称の「須玉」は須玉川による。1990年(平成2)に、町名の読みかたを「すだま」から「すたま」に変更した。2004年(平成16)高根(たかね)町、長坂(ながさか)町、白州(はくしゅう)町、明野(あけの)村、大泉(おおいずみ)村、武川(むかわ)村と合併、市制施行して北杜市となる。旧町域は、金峰(きんぷ)・瑞牆(みずがき)の両山地に発する塩川と、八ヶ岳(やつがたけ)からの須玉川流域の緩斜する裾野に開かれた農村地帯。国道141号が走り、中央自動車道須玉インターチェンジもある。八ヶ岳山麓(さんろく)部の若神子、穂足、多麻地区は水田が多いが、他の地区は耕地に乏しく、かつては養蚕や林業が盛んであった。根古屋(ねごや)神社の大ケヤキは国の天然記念物。海岸寺の木造千手観音(せんじゅかんのん)立像は国指定重要文化財。金峰山麓の増富温泉はラジウム含有量が多いことで有名な国民保養温泉地。瑞牆山は奇岩が全山に突出しているので名高く、木賊(とくさ)峠、金山平(かなやまだいら)、通仙(つうせん)峡などハイキング適地も多い。[横田忠夫]
『『須玉町誌』(1975・須玉町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

須玉の関連キーワード山梨県北杜市明野町浅尾山梨県北杜市明野町上手山梨県北杜市大泉町谷戸山梨県北杜市小淵沢町山梨県北杜市須玉町小尾山梨県北杜市須玉町比志山梨県北杜市高根町藏原山梨県北杜市高根町堤山梨県北杜市高根町長澤山梨県北杜市長坂町富岡

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

須玉の関連情報