コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瑞牆山(読み)みずがきやま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

瑞牆山
みずがきやま

山梨県北西部,秩父山地西端にある山。北杜市に属する。標高 2230m。山体黒雲母花崗岩からなる。南側は釜瀬川の浸食と風化により 500mにも達する断崖になっている。南西方の増富ラジウム温泉から富士見平にかけてはシラカバツガ美林が覆い,峡谷も美しい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

瑞牆山【みずがきやま】

山梨県北部,秩父山地中の山。標高2230m。第三紀末に貫入した黒雲母花コウ岩からなり,西側は大小の奇岩が鋸歯(きょし)状の断崖列を形成。秩父多摩甲斐国立公園に属し,増富温泉から富士見平までは,シラカバやツガの林相と渓谷が美しい。
→関連項目須玉[町]日本百名山

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みずがきやま【瑞牆山】

山梨県北西部,秩父山地の西部に位置する山。標高2230m。地質中生代小仏(こぼとけ)層を貫く黒雲母花コウ岩。河川の下刻作用とさまざまな剝離作用によって,いくつもの岩峰が集まったような特徴ある山容が形成された。山名の由来は明らかでないが,その山容からふもとの村では古く瘤岩(こぶいわ)と呼んだという。南西麓の増富温泉から武田信玄ゆかりの金山(かねやま)を経て富士見平の展望台一帯は樹林と渓谷が美しく,秩父多摩国立公園に含まれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔山梨県〕瑞牆山(みずがきやま)


山梨県北部、奥秩父(おくちちぶ)連峰西部にそびえる山。標高2230m。鋸歯(きょし)状の岩峰で、西側が急崖(きゅうがい)をなす。秩父多摩甲斐(ちちぶたまかい)国立公園に属する。深田久弥(ふかだきゅうや)「日本百名山」の一つ。シラカバ・ツガの林と岩峰との対比が美しい。シャクナゲ・スズランの群落もある。南西麓(なんせいろく)に増富(ますとみ)温泉がわく。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

瑞牆山
みずがきやま

山梨県北杜(ほくと)市須玉(すたま)町地区にある秩父(ちちぶ)山地西部の山で、秩父多摩甲斐(ちちぶたまかい)国立公園に含まれる。標高2230メートル。黒雲母花崗(うんもかこう)岩からなり、節理に沿う風化、侵食が著しく、西および南面は多くの岩峰に取り囲まれる。西に流下する釜瀬(かませ)川はその白い岩壁を背景に紅葉が美しい。JR中央本線韮崎(にらさき)駅から山麓(さんろく)の増富(ますとみ)温泉まではバスの便がある。[吉村 稔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

瑞牆山の関連情報