コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

増富温泉 マストミオンセン

4件 の用語解説(増富温泉の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ますとみ‐おんせん〔‐ヲンセン〕【増富温泉】

山梨県北杜(ほくと)市にある温泉。金峰山(きんぷさん)山麓に位置する。泉質は放射能泉で、ラジウムの含有が大。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ますとみおんせん【増富温泉】

山梨県北部の北杜ほくと市、金峰山きんぷさん山麓にある塩泉。ラジウム含有量が世界屈指の鉱泉として知られる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔山梨県〕増富温泉(ますとみおんせん)


山梨県北杜(ほくと)市、奥秩父(おくちちぶ)山地の金峰(きんぷ)山西麓(せいろく)の本谷(ほんたに)川筋にわく国民保養温泉。ラジウム含有量が多いことで有名。武田信玄(たけだしんげん)の隠し湯の一つといわれる。金峰山・瑞牆(みずがき)山登山の基地。本谷川下流の通仙(つうせん)峡は紅葉の名所。含ラドンホウ素二酸化炭素-ナトリウム-塩化物泉。泉温43℃。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

増富温泉
ますとみおんせん

山梨県北部、北杜(ほくと)市須玉(すたま)町にある国民保養温泉地。金峰山麓(きんぷさんろく)にあり、塩(しお)川の支流本谷(ほんたに)川沿いにある。秩父多摩甲斐(ちちぶたまかい)国立公園に含まれる。低温だがラジウムの含有量は世界有数といわれる放射能泉。ヤマメ釣り、山菜採りにも適し、金峰・瑞牆(みずがき)山の登山基地でもある。武田金山跡地である金山平(かなやまだいら)は眺望のよいハイキング地として知られている。JR中央本線韮崎(にらさき)駅からバス1時間。[横田忠夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

増富温泉の関連キーワード奥秩父北杜山梨県北杜市明野町浅尾山梨県北杜市小淵沢町山梨県北杜市須玉町大蔵山梨県北杜市須玉町小尾山梨県北杜市高根町堤山梨県北杜市高根町長澤山梨県北杜市長坂町富岡山梨県北杜市武川町新奥

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

増富温泉の関連情報