コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金峰 きんぽう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金峰
きんぽう

鹿児島県南西部,南さつま市北東部の旧町域。薩摩半島の西部に位置し,東シナ海に臨む。東部は金峰山 (636m) を最高峰とする山岳地帯,西部は吹上浜の砂丘地帯からなる。 1956年阿多村と田布施村が合体して町制。 2005年加世田市,笠沙町,大浦町,坊津町の1市3町と合体して南さつま市となった。江戸時代は田布施郷,阿多郷と呼ばれる島津氏の直轄地。米,コムギ,オオムギ,サツマイモ,キュウリなどがおもな農作物。畜産も行なわれる。海岸は吹上浜県立自然公園に属し,県立の海浜公園がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金峰
きんぽう

鹿児島県薩摩(さつま)半島中西部、日置(ひおき)郡にあった旧町名(金峰町(ちょう))。現在は南さつま市の北東部を占める。旧金峰町は1956年(昭和31)田布施(たぶせ)村と阿多(あた)村が合併して町制施行。2005年(平成17)加世田(かせだ)市、川辺(かわなべ)郡大浦(おおうら)町、笠沙(かささ)町、坊津(ぼうのつ)町と合併し南さつま市となった。これにより日置郡は消滅した。旧町域のほぼ中央部に霊峰金峰山(636メートル)がそびえ、西側は万之瀬(まのせ)川や長谷(ながたに)川、堀川などの各支流の開析した谷底平地が広がり、海岸部の砂丘は吹上浜(ふきあげはま)海岸砂丘中、もっとも発達した部分である。平地部を国道270号が南北に走る。水田が多く、砂丘後背地の水田地帯は南薩の穀倉といわれており、砂丘地の利用も進められている。また、藩政時代から出稼ぎや副業が盛んで、「阿多タンコ(桶(おけ)職)」「田布施コビキ(木挽(こびき))」のことばや民芸品「阿多張(ばり)きせる」が残っており、いまでも茶士、杜氏(とうじ)として県内各地で働く人も多い。金峰山頂に蔵王権現(ざおうごんげん)社がある。[田島康弘]
『『金峰郷土史』3冊(1963~1966・金峰町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

金峰の関連キーワード鹿児島県南さつま市金峰町池辺秋田県にかほ市象潟町小滝南さつま市歴史交流館金峰小滝のチョウクライロ舞秋田県仙北市田沢湖梅沢廻り目平キャンプ場南さつま[市]湯田川[温泉]宮内善左衛門河内(熊本)さつま松の露造り酒屋櫻井御岳昇仙峡川上 為治大浦[町]須玉〈町〉中丸精十郎吉野の大衆木暮理太郎吉水神社

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金峰の関連情報