増村益城(読み)ますむら ましき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

増村益城 ますむら-ましき

1910-1996 昭和-平成時代の漆芸家。
明治43年7月1日生まれ。赤地友哉(ゆうさい)に師事。実在工芸展,日本漆芸院展,戦後は日展,日本伝統工芸展で活躍。乾漆や髹漆(きゅうしつ)にすぐれ,昭和53年髹漆で人間国宝。平成8年4月20日死去。85歳。熊本県出身。熊本市立商工学校卒。本名は成雄(なりお)。作品に「乾漆盛器」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

増村益城
ますむらましき
(1910―1996)

漆芸(しつげい)作家。本名成雄。熊本県益城(ましき)町田原生まれ。熊本市立商工学校漆工科卒業ののち、奈良の辻永斎(つじえいさい)に師事、1933年(昭和8)上京し赤地友哉(あかじゆうさい)に学ぶ。1938年より実在工芸美術会展、日本漆芸院、文展、日展などに出品して作家活動に入り、郷里の先輩高野松山(しょうざん)に師事する。1956年(昭和31)第2回日本伝統工芸展に初入選。1957年「乾漆盛器」で日本工芸会総裁賞、1960年「乾漆流水文盛器」で文化財保護委員長賞を受賞。1978年重要無形文化財「(きゅうしつ)」(漆塗り)の技術保持者に認定。乾漆の素地(きじ)制作を得意とした。シャープな現代的造形と、伝統的な加飾漆塗りがよく調和している。1987年10月熊本県立美術館で回顧展が開催された。1996年(平成8)4月20日腹膜炎のため死去。[郷家忠臣]
『熊本県立美術館編・刊『増村益城展』(1987) ▽増村益城作、柳橋眞ほか著『漆』(1999・アローアートワークス)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android