コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冠水 カンスイ

デジタル大辞泉の解説

かん‐すい〔クワン‐〕【冠水】

[名](スル)洪水などで田畑や作物が水をかぶること。「大水で田が冠水した」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんすい【冠水】

( 名 ) スル
洪水などで、田畑や作物が水をかぶること。 「堤防が決壊して田畑が-した」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

冠水の関連キーワード黄化萎縮病(ソルガム・スーダングラス)鬼怒川氾濫(2015年)アオヤギソウ(キク科)ハリケーン・カトリーナ東日本大震災の農業被害シンチョウ(新洲)県タイ洪水(2011)仙台空港の津波被害パメラ ロナルドカトリーナの被害エバーグレーズメコン・デルタテスココ[湖]荒崎水害訴訟新篠津[村]パラグアイ川循環注水冷却利根[町]福知山盆地カッチ湿地

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

冠水の関連情報