冠水(読み)カンスイ

デジタル大辞泉の解説

かん‐すい〔クワン‐〕【冠水】

[名](スル)洪水などで田畑や作物が水をかぶること。「大水で田が冠水した」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんすい【冠水】

( 名 ) スル
洪水などで、田畑や作物が水をかぶること。 「堤防が決壊して田畑が-した」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かん‐すい クヮン‥【冠水】

〘名〙 洪水などで田畑や作物が水につかること。また一般に、大雨などで土地やそこにある物が水につかること。
※日本の気象(1956)〈高橋浩一郎〉六「早まき・早植え・早刈り取りということで、水から稲を守っている」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

冠水の関連情報