コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

墨渓 ぼっけい

2件 の用語解説(墨渓の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

墨渓 ぼっけい

?-1473 室町時代の画僧。
越前(えちぜん)(福井県)の人。朝倉氏の庇護をうけたが,のち京都におもむき,周文の弟子となる。親交のあった一休宗純より墨渓の号をうけ,曾我(そが)派の創始者とされる。文明5年死去。法名は安栄,采誉。通称は兵部。別号に桃林,酔墨斎。作品に「一休自賛像」「一休賛達磨(だるま)図」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

墨渓

没年:文明5(1473)
生年:生年不詳
室町中期の禅僧,画家。曾我派の始祖とされる。横川景三の『補庵京華続集』によれば名は安栄,字は桃林という。諱は采誉,酔墨斎と号し,通称は兵部。希世霊彦の『村庵小稿』には周文に師事し,周文の肖像画を描いたとある。大徳寺と関係が深く,一休宗純のもとに参禅した。自賛「一休和尚像」(1452,少林寺蔵),「一休和尚像」(1453,梅沢記念館蔵),一休賛「達磨像」(真珠庵蔵)などの作品がある。一休の肖像画中もっとも著名な東京国立博物館本は,従来墨渓より後年の墨斎の筆といわれてきたが,近年墨渓説が唱えられている。<参考文献>『日本美術絵画全集』3巻

(山下裕二)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

墨渓の関連キーワード土佐経隆宝林啓書記後土御門天皇勾当内侍慧可朱蒙曾我蛇足曾我派曽我派曾我宗誉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

墨渓の関連情報