コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

墾田永世私財法 こんでんえいせいしざいほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

墾田永世私財法
こんでんえいせいしざいほう

墾田永代私有法ともいう。天平 15 (743) 年に発布された田地についての法令。令制班田収授法は人口の増加により田地の不足をきたし,これを補うため,政府は養老7 (723) 年『三世一身法』を定めたが,その期限が近づくと墾田の荒地化が目立ったため,一定の条件内での墾田の永世私有を許した。その結果,有力な者が多くの墾田を私有する弊害も出たため,位階,身分によって,または社寺に対して,その限度を定め,さらに3年以内に完成しなければならないなどの規定を設けた。しかしこの規定は守られず,私有地が増大し,令制における公地制崩壊の一因となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

墾田永世私財法の関連キーワード国衙領