壌〔壤〕(読み)ジョウ

精選版 日本国語大辞典の解説

こま‐や・く【壌】

〘自カ四〙 土地がよく肥える。また、穀物がよくみのる。
※西大寺本金光明最勝王経平安初期点(830頃)八「四海に所有る土地をも亦肥え濃(にほ)ひ、田疇(ちう)をも沃(こ)え壌(コマヤキ)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android