コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大院君 たいいんくんTaewǒngun

10件 の用語解説(大院君の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大院君
たいいんくん
Taewǒngun

[生]純祖20(1820).12.21. ソウル
[没]光武2(1898)
朝鮮,朝鮮王朝 (李朝) 末期の執政者。名はし応。字は時伯。号は石坡。南延君球の第4子。憲宗9 (1843) 年興宣君に封じられた。王族とはいえ外戚の勢道政治のもとで冷遇され,市井に隠棲,遊興にふけった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

だいいん‐くん〔ダイヰン‐〕【大院君】

朝鮮、李朝における国王の実父の尊号。

だいいんくん【大院君】[人名]

[1820~1898]朝鮮李朝末の王族・政治家。李太王の父。本名、李昰応(りしおう)。李太王初期に権力を握ったが、極端な排外鎖国政策と天主教迫害で外国の干渉を受け、また皇后閔妃(びんひ)一派と争って敗れ、失脚した。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

大院君【だいいんくん】

朝鮮,李朝末期の王族。名は李【か】応(りかおう)。第26代高宗(李太王)の父として,その即位(1863年)とともに摂政となる。内政の改革と,シャーマン号事件など鎖国攘夷(衛正斥邪)の強行,キリスト教弾圧を行う。
→関連項目李朝(朝鮮)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大院君 テウォングン

李是応(イ-ハウン)

大院君 だいいんくん

李是応(イ-ハウン)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

だいいんくん【大院君 Taewŏng‐gun】

1820‐98
朝鮮,李朝末期の政治家,李昰応(りかおう)のこと。字は時伯,号は石坡。全州の人。南延君,球の四男として生まれ,興宣君に封ぜられたが不遇であった。しかし1863年に次男の命福が第26代の国王高宗(在位1863‐1907)として即位すると大院君(すなわち興宣大院君)となり,摂政として実権をふるった。ちなみに大院君とは,李朝において国王に直系の王位継承者がいない場合,王族内の他の系統から次王を選び,その王の実父を尊称するものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

たいいんくん【大院君】

テーウォングン【大院君】

1820~1898) 朝鮮王朝第二六代高宗の父。名は昰応かおう。興宣大院君。王の幼時、摂政として中央集権体制の強化と欧米への攘夷政策を断行したが1873年下野。82年壬午軍乱で政権に復帰したが清に抑留。94年日本勢力に担ぎ出されたが実権はなかった。たいいんくん。だいいんくん。 〔「大院君」は、本来国王の父の尊称〕

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大院君
だいいんくん
(1820―1898)

(り)氏朝鮮第26代王高宗の父で政治家。姓名は李(りしおう)。1863年、第25代王哲宗が死ぬと、哲宗に実子がなかったので、自分の第2子を高宗として即位させた。国王に直系の王位継承者がないとき、王族内から次の王を選ぶが、大院君とは、その王の実父の尊称。固有名詞ではないが、今日では一般に李応をさす。大院君自らは摂政(せっしょう)として政権を握り、解体しつつあった封建体制を建て直し、王朝の危機を打開しようとした。まず60年続いた外戚(がいせき)安東金氏の勢道(せどう)政治を廃し、広く人材を登用する一方、47か所の賜額書院を除いて、党争の根源となっていた書院を撤廃し、「六典(りくてん)条例」「大典会通」などを刊行して法律制度の確立を図るなど、中央集権的な政治機構を樹立した。さらに備辺司(びへんし)を廃止して行政権と軍事権を分離する一方、税制の改革にも着手、農民の負担を軽くし、国庫の充実をも図ろうとした。しかし同時に、李王家の威厳を誇示するために、炎上したままになっていた景福宮の再建に着手、不足な財源を調達するために願納銭を強制し、民衆の生活苦を加重させた。また外国に対しては徹底した鎖国政策をとり、キリスト教徒には大弾圧を加えた。66年、アメリカの商船シャーマン号が大同江をさかのぼって侵入したのを撃退。さらに同年9月、「キリスト教徒弾圧への復報」を名目としたフランス艦隊の江華島侵入をも撃退した。全国に「斥和碑(せきわひ)」を立て、ますます鎖国を強化した。
 しかし大院君によって権力を奪われた両班(ヤンバン)勢力は、高宗の妃である閔(びん)妃を中心に結集。1873年には国王親政を名目に、大院君から政権を奪い、閔妃一族が権力を握り、以後両者の対立は深まった。82年、壬午(じんご)軍乱で一時権力を握ったが、閔妃の策動で清(しん)国軍が出動し、清国から派遣された馬建忠らによって捕らえられ、天津(てんしん)保定府に4年間幽閉された。85年帰国し、雲(うんけん)宮に蟄居(ちっきょ)して再起の機会をうかがっていたが、95年閔妃が殺害されると、日本公使三浦梧楼(ごろう)の後押しで政権を掌握した。しかし、すでに彼の政治的使命は終わっており、日本の傀儡(かいらい)にすぎず、三浦の召還で大院君も隠退した。高宗は大院君の葬儀にも出席しないほど父子関係は悪化したまま終わった。[宮田節子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の大院君の言及

【衛正斥邪】より

…その結果,明治維新の後,欧米の先進文化の受容に努める日本も洋夷と同一(倭洋一体)とみなした。19世紀後半の大院君の鎖国攘夷政策はこの思想に支えられて行われた。しかし,衛正斥邪思想の本質は,対外的危機に際して朝鮮王朝の支配体制を固守し,国内外の情勢の変化に即応する一切の変革を拒否するものであった。…

【江華島事件】より

…ところで朝鮮は清の属国とされていたので,〈皇〉〈勅〉は朝鮮にとって清の皇帝とその命令を意味するものと考えられていた。その結果,大院君政権は,日本がこれらの文字を使用したのは従来の交隣関係を破棄して朝鮮の上に立とうとすることを示したものとして,書契の受理を拒絶した。いわゆる書契問題である。…

【壬午軍乱】より

…1882年(壬午の年)7月に朝鮮の首都,漢城(ソウル)で起きた軍人暴動。1873年に大院君(興宣大院君)から閔(びん)氏に政権が移ると,軍隊の待遇は悪化し,新たに新式軍隊の別技軍が設けられて優遇された。その結果,旧式の軍人たちの不満が給米の不正支給によって爆発し暴動となった。…

【洋擾】より

…19世紀後半に,鎖国を続ける朝鮮にフランスとアメリカが武力を用いて開国を強要した事件で,丙寅(へいいん)洋擾と辛未(しんみ)洋擾がある。いずれも大院君政権(1863‐73)の鎖国攘夷政策(衛正斥邪)の下で起きた。丙寅洋擾は1866年(丙寅の年)の二つの事件,ゼネラル・シャーマン号事件とフランス艦隊襲撃事件の総称である。…

【李恒老】より

…明(中華)の滅亡後は,朝鮮が唯一の小中華であるとする立場から,天主教(カトリック)の浸透や欧米の開国要求に対して衛正斥邪(えいせいせきじや)論をとなえ,攘夷論を主張した。彼の主戦論は大院君政権の鎖国攘夷政策をイデオロギー面から支える役割を果たしたため,同副承旨,工曹参判,同義禁などに任じられた。しかし,景福宮の再建,万東廟の廃止などの同政権の国内政策には強く反対した。…

【李朝】より

…19世紀前半から半ばへかけて,封建的支配に反対する民衆の反乱が続出したが,他方では欧米列強の朝鮮侵入も激しさを増し,こうした内外からの危機の深化を背景に,1860年,崔済愚(さいせいぐ)が反封建・反侵略の民衆宗教・思想である東学を創出し,またこのころ,知識層の中からは呉慶錫,劉大致らによって開化思想が形成された。一方,1863年に成立した大院君(だいいんくん)政権は王権の強化と衛正斥邪(えいせいせきじや)(朱子学の正統性を守り,キリスト教=欧米勢力を排除する)政策によって危機の克服をはかった。こうしてその後の朝鮮近代史を規定する内外の諸要因が1860年代初めに現れてくるのである。…

※「大院君」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大院君の関連キーワード阮福映ジョージアンペールラマルティーヌイコトイ吉雄常三ジョージ[3世]艇盗の乱ブロンテ姉妹ミンマン

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大院君の関連情報