コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

声曲 セイキョク

デジタル大辞泉の解説

せい‐きょく【声曲】

詞章に節をつけて歌うもの。
日本の伝統音楽で、声楽曲のこと。雅楽能楽声明(しょうみょう)などは含めず、主に近世の三味線音楽についていう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せいきょく【声曲】

人の声による音楽。特に、日本の伝統音楽で、三味線伴奏の唄や語り物のこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

声曲の関連キーワードシャンソン(フランス中世多声歌曲)十寸見 蘭洲(6代目)十寸見河東(初代)十寸見蘭洲(6代)江戸半太夫(初代)ノートル・ダム楽派ノートルダムミサ長谷川 良夫大和楽・倭楽マドリガーレ平井康三郎三味線音楽カンタータ渡辺 浦人福井 文彦弦歌・絃歌近衛 秀麿高田 三郎近衛秀麿清水 脩

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

声曲の関連情報