コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

声曲類纂 せいきょくるいさん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

声曲類纂
せいきょくるいさん

日本音楽の文献。弘化4 (1847) 年斎藤月岑 (げっしん) 著。長谷川雪堤画。日本の音階名によって巻を分け,宮 (2冊) ,商,角,徴,羽の5巻6冊から成る。その後増補訂正した『声曲類纂補遺』および 1889年後人の増補による『声曲類纂増補』がある。浄瑠璃を中心とした江戸時代の声曲に関する歴史,系譜,作者,曲目などを収める。江戸長唄に関しては簡略に過ぎるし,地歌箏曲などはほとんど無視されているが,記事の豊富な点では江戸時代の類書中最大の音楽文献といえる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

せいきょくるいさん【声曲類纂】

江戸後期の音楽書。5巻6冊。斎藤月岑(さいとうげっしん)著。天保10年(1839)成立、弘化4年(1847)刊。浄瑠璃を中心に近世音曲の歴史・曲目・演奏者の伝記などを述べたもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

声曲類纂【せいきょくるいさん】

邦楽の本。浄瑠璃を中心に,近世邦楽の各種目の略史,曲目,関係者などを考証的に述べ,挿画も多い。斎藤月岑(げっしん)著。1839年成立。明治に増補版刊行。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せいきょくるいさん【声曲類纂】

浄瑠璃を中心とする江戸時代音楽史の書。編者は斎藤月岑(げつしん)。1847年(弘化4)刊。5巻6冊。宮・商・角・徴(ち)・羽(う)の五音にちなみ5巻に構成しているが,巻之壱(宮)は上下2冊になっている。その後1899年余人による増補版が刊行され,さらに1922年月岑の遺稿を補遺として加え,5巻7冊として出版。内容は冒頭に浄瑠璃総系図と引用書目を掲げ,平家物語,浄瑠璃の成立,小野お通(おののおつう)や三味線にふれ,以下総系図に従って歴史を叙述する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

せいきょくるいさん【声曲類纂】

江戸後期の音楽書。五巻六冊。斎藤月岑げつしん編。1839年稿成り、47年刊。89年(明治22)増補版刊。浄瑠璃を中心とした近世邦楽の各種目や流派の由来、人名・曲目などを考証記述。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

声曲類纂の関連キーワード江戸半太夫(初代)十寸見河東(初代)人名流派

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android