コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Wo; Woe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説



Wo; Woe

委とも書く。中国朝鮮で日本のことを呼んだ古称。文献上では漢代の『山海経』の海内北経に「倭は燕に属す」とあるのが初見。確実なものとしては1世紀後半頃班固が撰した『漢書地理志に「楽浪の海中に倭人あり,分れて百余国をなす…」とある記事である。朝鮮でもすでに高句麗広開土王碑にみえる。聖徳太子以降,日本人がみずから日本と称するまでは,倭の五王倭国王と自称したことでも明らかなように,日本人自身も中国と通交する場合は倭と称していた。中国で日本と称するようになったのは唐代以降である。倭の語源については諸説あり,定説はない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

わ【×倭/和】

日本人の住む国。古代、中国から日本を呼んだ名。
(和)日本のものであること。日本的であること。「の技術」「に親しむ」

わ【倭】[漢字項目]

人名用漢字] [音]ワ(呉)(漢) [訓]やまと
中国側から日本を呼んだ称。「倭寇(わこう)倭国倭人
[難読]倭文(しず)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

倭【わ】

日本の古名。《漢書(かんじょ)》に〈楽浪(らくろう)海中に倭人あり〉とあるのが最古。語義については日本語の一人称代名詞〈わ〉(我・吾)によるとの説などがある。7世紀から日本と自称,7世紀後半まで〈ヤマト〉の宛字(あてじ)として使用,8世紀から中国でも日本と呼ぶようになった。
→関連項目安康天皇異称日本伝伊都国允恭天皇鬼室集斯狗奴国投馬国臺與日本反正天皇

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

わ【倭】

7世紀以前の日本の呼び名。中国人が付けた名であるが,対外関係では7世紀後半まで自称として使われていた。日本語の一人称代名詞〈わ〉(吾)によるとする説が古くから唱えられている。最近は身長,体型など人種的特徴によるとする説もある。後漢に成立した《説文解字》に〈倭は順(しなやか)なる貌(すがた)なり。人に従い委の声〉とある。転じて背が丸く曲がって低い人を指すといわれる。なお倭はもと委と書いたと説くのは《経典釈文》の誤解。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


wiと発音された可能性がある。本来的には7世紀以前の中国・朝鮮での日本に対する呼称であるが、冊封(さくほう)体制内で自称国号としても援用された。倭の字は委とも表記される場合がある。意味は一人称の吾(わ)、従順な人、などの見解があるが不明。倭に関する史料上の初見は中国の地理書『山海経(せんがいきょう)』(戦国~秦(しん)・漢時代成立)の「倭は燕(えん)に属す」、雑家書『論衡(ろんこう)』(90成立)の断片的記事であるが、実態はわかっていない。『漢書(かんじょ)』地理志には「楽浪海中に倭人あり、分かれて百余国」、『後漢書』東夷(とうい)伝には「使駅漢に通じる者、三十国許(ばかり)」「建武中元二年、倭の奴国(なこく)奉貢朝賀」などとみえ、中国王朝下の冊封体制において倭の「国」々が統合されている過程がうかがえる。『三国志』魏書倭人条を根拠に、近年、朝鮮南部も倭とする見解が出されているが、「倭人は、帯方(たいほう)東南大海中に在り、山島に依(よ)りて国邑(こくゆう)を為(な)す」などを細かに検討すれば、倭は九州・四国・中国地方を中心とする西日本と考えるのが妥当である。4世紀末の高句麗(こうくり)好太王碑文、5世紀の『宋書(そうじょ)』倭国伝の倭は大和(やまと)王権と考えるのが一般的である。倭はやがて「ヤマト」と訓じられ、大和を示す語となった。7世紀後半以降、わが国の称号は日本となるが、倭と日本の関係について『旧唐書(くとうじょ)』は、「日本国は倭国の別種なり、其(そ)の国日辺に在るを以(も)って名となす。或(あるい)は曰(い)う。倭国自ら其の名の雅ならざるを悪(にく)み、改めて日本と為す。或は云(い)う。日本は旧小国、倭国の地を併す」と論じている。[関 和彦]
『鈴木靖民著『古代国家史研究の歩み』(1980・新人物往来社) ▽関和彦×『邪馬台国論』(1983・校倉書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のの言及

【加羅】より

…また,新羅や日本との関係記事が,国交や戦闘など国家間の交渉記事となっているが,本来の伝承では,それぞれの地域住民の接触交渉を伝えたものとみられる。《三国史記》新羅本紀の加羅関係記事は,倭関係記事を挿入したため,5世紀後半の国家間の交渉記事を遡及させている。《日本書紀》も同様で,〈百済記〉などの朝鮮側史料は510年代以降の史実を遡及させており,この時期の日本側史料は朝鮮側史料に合わせたものが多く,なかには編纂直前の8世紀初頭につくられた記事もある。…

【百済】より

…しかしこれらの伝承記事は,6世紀中葉の事情をもとに年代を遡及させた記事で,8世紀初頭に作られたものとみられる。397年に阿莘王は南下する高句麗広開土王の勢力と対抗するため,太子腆支を人質として倭国に送った。また,百済が倭と結んで396年以降5度にわたって高句麗と戦ったことは,広開土王碑文にもみられる。…

【日本】より

… また,諸外国における日本に対する関心の系譜については〈日本研究〉の項目を参照。
【国号】
 日本では大和政権による統一以来,自国をヤマトと称していたようであるが,中国や朝鮮では古くから日本を倭(わ)と呼んできた。《前漢書》《三国志》《後漢書》《宋書》《隋書》など中国の歴史書や,石上(いそのかみ)神宮の七支刀の銘,高句麗の広開土王の碑文も,みな倭,倭国,倭人,倭王,倭賊などと記している。…

【弥生文化】より

…そして同時に,吉備が一貫して独自の墓をもち,方形周溝墓を受け入れない点も注意をひく。
[〈国〉の誕生]
 中国の史書によると,前1世紀の倭(西日本)は〈百余国〉に分かれていた(《漢書》)。紀元57年(後漢の中元2)には倭の奴国(なこく)の王が光武帝に朝貢した(《後漢書》)。…

※「倭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

倭の関連キーワード倭迹速神浅茅原目妙姫三重県伊勢市楠部町倭人の身だしなみ大阪府柏原市平野済(倭の五王)珍(倭の五王)子産む・卵産む荒田井比羅夫漢委奴国王印後漢書東夷伝倭奴国王印唐声・漢声瘁ゆ・瘼ゆ倭迹迹姫命まほらままほろば南倭北虜北虜南倭倭姫皇后蘭平物狂

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

倭の関連情報