コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

壱志濃王 いちしのおう

2件 の用語解説(壱志濃王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

壱志濃王 いちしのおう

733-805 奈良-平安時代前期の公卿(くぎょう)。
天平(てんぴょう)5年生まれ。施基(しきの)皇子の孫。湯原親王の次男。延暦(えんりゃく)元年光仁天皇の改葬地の選定にくわわる。6年参議,12年平安遷都を賀茂大神,伊勢大神宮につげる使いとなり,13年中納言,17年大納言にのぼる。従兄(いとこ)の桓武(かんむ)天皇に寵愛(ちょうあい)された。延暦24年11月12日死去。73歳。従二位を追贈された。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

壱志濃王

没年:延暦24.11.12(805.12.6)
生年:天平5(733)
奈良時代・平安初期の公卿。施基皇子の孫。湯原親王の第2子。宝亀2(771)年内大臣藤原良継の弔使となったのを皮切りに,もと光仁天皇皇后だった井上内親王の改葬,光仁天皇の改葬地の選定,早良親王の廃太子を田原(施基)山陵に奉告,桓武天皇夫人藤原旅子の喪事の監護など,朝廷の葬儀関係に活躍しているのが特徴。平安遷都(794)に際しても遷都を賀茂大神(京都市北区の上賀茂神社,左京区の下鴨神社),伊勢大神宮に奉告する(それぞれ793年2月,翌3月)使者となっている。延暦17年正三位大納言で弾正尹を兼任。薨伝によれば磊落な性格で,従兄の桓武天皇とは気の置けない間柄であったという。

(村井康彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

壱志濃王の関連キーワード志貴皇子渤海楽林邑楽夷俘五弦琵琶海上女王施基皇子多紀内親王文室大市神王

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone