コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夔鳳鏡 きほうきょうKui-feng-jing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

夔鳳鏡
きほうきょう
Kui-feng-jing

裏面に鳳凰が翼を広げているようにみえる竜形の文様をつけた青銅鏡をいう。後漢のものが多い。 夔というのは竜のようで1本足,また牛のようで角がなく,水に出入りすると風雨あり,その光は日月のごとく,声は雷のようだといわれている。中国では漢代から六朝時代の墳墓,朝鮮では楽浪古墳,日本では弥生時代の遺跡あるいは古墳からも出土している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きほう‐きょう〔‐キヤウ〕【××鳳鏡】

中国・日本の古代の銅鏡・鉄鏡の一。向かい合う2羽の鳥をかたどって配した文様がある。後漢から六朝(りくちょう)時代に用いられ、日本でも前期の古墳から少数が出土。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きほうきょう【夔鳳鏡】

中国で、後漢代から魏代にかけて用いられた鏡。背面は鈕ちゆうのまわりに相向かう一対の鳳凰ほうおうを四組配する。日本の古墳時代前期の遺跡からも出土する。鳳鏡。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の夔鳳鏡の言及

【鏡】より

…道家の東王父,西王母の神仙物語や,その時代の風俗を表す画像鏡,平面的な表出の夔鳳(きほう)・獣首の両鏡式,肉を盛った彫塑的な禽獣や竜虎で飾った神獣鏡などが著しい新鏡式である。なかでも夔鳳鏡は古い銅器にある禽形を鏡背文にしたもので,鉄で作った遺品があり,金銀の象嵌で図形の細部を表している。神獣鏡は三国から六朝時代に及んで,ことに盛んに作られ,時代の下がるとともにだんだんと肉彫が写実的な様相を加えるが,その縁に新たな帯圏を加えて複雑な断面をもつものと,三角縁のものとが並び存在している。…

【漢鏡】より

…中国では漢代に銅鏡が一般に普及し,これを漢鏡とよんでいる。漢鏡はスズを含み,銅質も良好であることが多い。
[前漢式鏡]
 前漢の前半ではまだ戦国式の鏡の伝統をひいている。しかし縁が厚くなり,地文が消えて主文だけとなり,前漢式のスタイルが完成する。螭竜文(ちりゆうもん)鏡はその例である。前漢も盛期を過ぎると,草葉文鏡,星雲文鏡が用いられるようになる。星雲文鏡は百乳文鏡ともよぶ。草葉文鏡はまわりに16個の連弧文をめぐらしている。…

※「夔鳳鏡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone