コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外傷性くも膜下血腫 がいしょうせいくもまくかけっしゅ Traumatic Subarachnoid Hematoma

1件 の用語解説(外傷性くも膜下血腫の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

がいしょうせいくもまくかけっしゅ【外傷性くも膜下血腫 Traumatic Subarachnoid Hematoma】

[どんな病気か]
 脳を包むいちばん内側の軟膜(なんまく)とその外側のくも膜の間(くも膜下腔(まくかくう))に出血し、血のかたまり(血腫(けっしゅ))ができたものです。
 くも膜下腔には脳脊髄液(のうせきずいえき)が流れているので、血腫ができることはまれです。
 特別な治療は必要ないのがふつうですが、脳挫傷によって生じている場合などは重症です。
 頭痛があれば鎮痛薬を内服するなど、症状に応じて治療します。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

外傷性くも膜下血腫の関連キーワード一番駆け一番首一番鶏大一番最長どん尻何心地真綿に針を包む上包みどん仕舞

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone