コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外岡茂十郎 トノオカモジュウロウ

デジタル大辞泉の解説

とのおか‐もじゅうろう〔とのをかモジフラウ〕【外岡茂十郎】

[1898~1986]法学者・野球指導者。静岡の生まれ。民法研究のかたわら、昭和17年(1942)から22年間早大野球部長。ほかに六大学野球連盟理事長を務め、戦時下および戦後の学生野球の維持、復活に尽力。のち日本学生野球協会を設立した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

外岡茂十郎 とのおか-もじゅうろう

1898-1986 昭和時代の法学者,野球指導者。
明治31年3月25日生まれ。大正14年早大教授。昭和17-39年同大野球部長をつとめ,18年出陣学徒の早慶戦を実現させる。戦後,日本学生野球協会の設立,学生野球憲章の作成につくし,全日本大学野球連盟理事長をつとめた。49年「明治前期家族法資料」で学士院賞。57年野球殿堂入り。昭和61年8月27日死去。88歳。静岡県出身。早大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

外岡茂十郎の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

外岡茂十郎の関連情報