コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外海府・内海府海岸 そとかいふうちかいふかいがん

1件 の用語解説(外海府・内海府海岸の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

そとかいふうちかいふかいがん【外海府・内海府海岸】

新潟県佐渡島最北端の弾(はじき)崎から大佐渡山地西側の相川町下相川に至る海岸を外海府海岸,弾崎から東海岸の両津市黒姫までを内海府海岸と呼ぶ。合わせて佐渡海府海岸として名勝に指定されている。外海府の海岸線は長く屈曲に富み,巨岩の突出と小湾入が続き,最高位標高380m,7~8段の日本有数の大規模な海岸段丘が発達し,海中公園に指定されている。その海岸美の中でもとくに際だつのは尖閣湾で,高さ20mの海食崖が約3kmにわたって続き,出入りに富む小湾入の海岸を形成している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone