コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外海府海岸 そとかいふかいがん

3件 の用語解説(外海府海岸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

外海府海岸
そとかいふかいがん

新潟県西部,佐渡島西部,大佐渡山地日本海に臨む海岸。佐渡市相川地区長手岬-両津地区鷲崎間で,尖閣湾,大野亀島,二ツ亀島など景勝地が多い。海岸段丘がよく発達,水田に利用されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

そとかいふ‐かいがん【外海府海岸】

新潟県佐渡島西部にある岩石海岸。北端の弾崎(はじきさき)から長手(ながて)岬付近の約60キロメートルにわたり、高さ20メートルの海岸段丘と断崖が続く佐渡島観光の中心地。佐渡弥彦米山(やひこよねやま)国定公園に属する。弾崎を境に内海府(うちかいふ)海岸に対する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

外海府海岸
そとかいふかいがん

新潟県佐渡島(さどがしま)、佐渡市の大佐渡(おおさど)山地北岸の海岸景勝地。小川(おがわ)から北端の鷲崎(わしざき)に至る60キロメートルの海岸線は、古第三紀の相川層を抜いて噴出した火成岩類から構成され、更新世(洪積世)の激しい地盤運動を受けて海岸段丘の発達が顕著で、冬季の季節風の海食によって雄大な男性的海岸美を形成している。佐渡最大の海岸景勝地で、国指定名勝。尖閣(せんかく)湾、平根崎(ひらねざき)、二ツ亀(がめ)、大野亀、賽(さい)ノ河原、関岬(せきざき)などの景勝地があり、バスの便もある。[山崎久雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の外海府海岸の言及

【佐渡島】より

… 佐渡観光の中心は海岸地形のスケールの大きさにある。大佐渡山地の海岸は海府海岸として名勝に指定され,日本海側は外海府海岸,両津湾側は内海府海岸(外海府・内海府海岸)と呼ばれる。外海府の中では高さ約20mの断崖が続く尖閣湾,平根崎の波食甌穴(おうけつ)群(天)と海中温泉,北東部の二ッ亀,大野亀付近の小島,暗礁,巨岩が続く岩石海岸など見どころが多い。…

※「外海府海岸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

外海府海岸の関連キーワード両津海府海岸新潟県佐渡市泉新潟県佐渡市小木新潟県佐渡市小木町新潟県佐渡市沢崎新潟県佐渡市達者新潟県佐渡市願新潟県佐渡市真野新潟県佐渡市八幡

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone