コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多久安順 たく やすしげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

多久安順 たく-やすしげ

1566-1641 織豊-江戸時代前期の武将。
永禄(えいろく)9年生まれ。竜造寺長信の子。肥前多久(佐賀県)領主。鍋島氏による佐賀藩立藩のさい竜造寺から多久に改姓,佐賀藩の請役(うけやく)家老となる。豊臣秀吉の朝鮮出兵では鍋島直茂にしたがい,のち有田焼の開祖とされる李参平(り-さんぺい)をともなって帰国した。寛永18年死去。76歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

多久安順の関連キーワードスレイマン一世津田宗達グレコ嘉靖帝スレイマン天王寺屋会記明版コリャード照山修理月山富田城