コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鍋島直茂 なべしまなおしげ

4件 の用語解説(鍋島直茂の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鍋島直茂
なべしまなおしげ

[生]天文7(1538).肥前
[没]元和4(1618).6.3. 肥前
安土桃山時代の武将。肥前藩の祖。清房の子。初名,信生。初め龍造寺隆信に仕えたが,天正 12 (1584) 年隆信の死後,その子政家を擁して龍造寺家の実権を握り,同 18年政家を隠退させ,政家の子高房の後見となり,佐嘉 (佐賀) 城主となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鍋島直茂 なべしま-なおしげ

1538-1618 戦国-江戸時代前期の武将。
天文(てんぶん)7年3月13日生まれ。鍋島清房(きよふさ)の次男。肥前の戦国大名竜造寺隆信(たかのぶ)につかえ,隆信の死後実権をにぎる。豊臣秀吉に竜造寺家領相続をみとめられ,文禄・慶長の役で朝鮮に出陣。関ケ原の戦いでは西軍を攻め,徳川家康に領地を安堵(あんど)された。慶長12年嫡子勝茂に家督をゆずり隠居。佐賀藩藩祖。元和(げんな)4年6月3日死去。81歳。名は別に信昌,信生。通称は孫四郎。
【格言など】利発は分別の花,花咲き実らざること多し(家訓)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

なべしまなおしげ【鍋島直茂】

1538‐1618(天文7‐元和4)
近世初期の武将。1584年(天正12)主君の竜造寺隆信が敗死した後,竜造寺家中で実権を掌握し鍋島氏の覇権を確立していった。とくに文禄年間(1592‐96)の朝鮮侵略には家中を統轄した出兵により,領内での地位を固める。豊臣秀吉徳川家康など統一権力者への接近に心がけ,その権威を基に領内の大名領主権を強固することを図り,竜造寺体制から鍋島体制への転換の基礎をつくった。【長野 暹】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鍋島直茂
なべしまなおしげ
(1538―1618)

安土(あづち)桃山・江戸前期の武将。肥前の土豪鍋島清房(きよふさ)の長男。1541年(天文10)春に小城晴気(おぎはるけ)城主千葉胤連(たねつら)の養子となるが、51年に千葉家を辞し佐嘉(さが)(佐賀)に帰る。のち龍造寺隆信(りゅうぞうじたかのぶ)に仕え各地を転戦、84年(天正12)に隆信が島津・有馬軍との戦いで敗死したことにより、龍造寺体制内で指導性を発揮し、しだいに実権を掌握する。豊臣(とよとみ)秀吉の朝鮮出兵令による参戦で肥前佐嘉領の統轄者としての地位を確定した。関ヶ原の戦いで嫡子勝茂が西軍に属したため、戦後、領地保持のため僧元佶(げんきつ)などを頼り、筑後(ちくご)柳河(やながわ)の立花氏を討つことで没収を免れた。1610年(慶長15)に隠居した。元和(げんな)4年6月3日没。[長野 暹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の鍋島直茂の言及

【有田[町]】より

…伊万里湾に注ぐ有田川上流の狭い山間に位置する。窯業の起源は文禄・慶長の役の際,藩祖鍋島直茂が多数の朝鮮陶工を伴って帰国し,その一人李参平が上白川天狗谷で日本最初の白磁器を焼成したのに始まる。その後正保年間(1644‐48)南川原(なんがわら)山の酒井田柿右衛門一族が赤絵付法を完成し有田焼の名を広めた。…

【佐賀藩】より

…戦国期に肥前地域は竜造寺隆信が一応支配したが,1584年(天正12)の島原での敗死により,竜造寺氏から鍋島氏へと実権が移った。鍋島直茂は実権確立に際して豊臣秀吉や徳川家康との関係を強め,統一権力の力を利用しながら領内の統御を進めた。関ヶ原の戦では西軍に属したため,戦後不利な立場に置かれたが,閑室元佶のとりなしにより筑後柳河の立花宗茂の攻撃などを条件に領土が安堵された。…

【鍋島騒動】より

…これには次の史的背景がある。1584年(天正12)の竜造寺隆信の死後,嫡子政家が凡庸なため肥前国統治の実権は鍋島直茂の手に移る。政家の嫡子高房は憤慨して1607年(慶長12)22歳で自殺した。…

※「鍋島直茂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鍋島直茂の関連キーワード一和荒川長兵衛植村家貞包綱狩野祖酉小出英知津軽建広坪内利定道意(3)松平清宗

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鍋島直茂の関連情報