コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多数者集団 たすうしゃしゅうだんmajority group

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

多数者集団
たすうしゃしゅうだん
majority group

ある社会のなかで,共通の人種,民族,国籍,宗教,歴史,職業,学歴,文化,来住時期,居住地などの属性に関して多数者であることを意識するか,主観的に少数者に対して異なる集団であるとみなしているグループ。このような集団は,少数者に対して単に数量だけでなく「優勢」という意識をも含み,このことによって少数者集団に対して不平等,社会的差別,偏見などをもっている。たとえば,アメリカにおけるインディアン,ユダヤ人などに対する他人種の関係がそれである。しかし,植民地における白人は実際は少数でも多数者集団であり,先住民が少数者集団とみなされ差別される。また危機的状況の際,多数者集団が少数者集団を迫害し,自己の欲求不満を解消する場合などに示されるように,この2つの集団は状況によって主観的に操作される場合もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android